「初!虎杖...イタドリでびゅー」090415

b0006637_16102171.jpg
「虎杖」と書いて...「イタドリ」(wikipediaより)と読みます
何やら...茎がチクチクごわごわ!に見えませんか?...でも肌はツルリすべすべ
日曜市に出ている多種類の山菜の中でも...ちょっと怖そうで遠巻きにしていましたが
12日の日...だらりサイクリングの帰り道...神母ノ木「パロサント」さんにお邪魔した折
そこで...生イタドリを一抱えも!...いただきました
「イタドリ」または...地元の人は「イタヅリ」と呼ぶ...コレを食わずんば土佐人にあらず!
全国的に見ても...「イタドリ」という山菜を食べるのは...ほぼ高知県人のみ...とか
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
b0006637_16111353.jpgええ...もちろん
皮の剥き方の...実況見学もさせていただき
母上の「ちょっと待っちょりなさい」...
と...「イタドリのさっと煮」のおみやげ付き

右画像...左手前にある...
一見...フキに見えるのがソレです

その場で味見!...美味しい〜!
滋味の中に...酸味があるのです
そして...シャキシャキしてて...
いっぺんに...この山菜が気に入りました!

地元では...虎杖の皮を剥き塩蔵し...
一年中...煮物や炒め物にして食べるようです

今回...幸運にも...
フレッシュ虎杖からの入門!
どんなイタドリが美味しいのか?
その見極めにも...この体験は貴重でした
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
b0006637_16121611.jpg
取り立ちより「少しシンナリしたぐらい」で...皮を剥くと良いよ...と
20cmぐらいに...ポキポキしながら...するするッと裸にしていきます
そう!...イタドリの茎は...中が空洞...葉の付いている所が節になっています
このイタドリは...どうやら極上品
丈は60cmほど...太さは人差し指から小指ぐらい...細めです
b0006637_16122876.jpg
で...ホント瞬間芸か?...サッと熱湯を潜らす
b0006637_161221100.jpg
トロトロしていたら...繊維が溶けてグチャグチャになり...台無し
直ぐに冷水に晒し...これを2-3回繰り返し...アクを抜きます
シャキッと...歯ごたえも良く...爽やかな酸味が生きるように下ごしらえ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
b0006637_16125493.jpg
今回は...「さっと煮」はすでにご馳走になったので
「炒め物」も美味しいよ!...というおすすめもあり...甘辛炒め
ごま油に茹でたイタドリを...ジャッ!...甘辛だし醤油をぐるりと絡め...白ゴマと削りかつお
「イタドリ」の味は...言葉では説明できん...食べた人にしかワカランよ
煮物も炒め物も...虎杖デビュー...癖になる味ちや
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
=^・^=

by arinco11 | 2009-04-15 16:40 | 土佐料理(8) | Trackback | Comments(14)
トラックバックURL : http://arinco11.exblog.jp/tb/10726935
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by liberajoy at 2009-04-16 14:48
こういうのを見ると、なんだかんだいっても
料理は素材だ!! ですね。
おいしそう。
Commented by 中川 at 2009-04-16 21:12 x
東灘の中川です。 先日は、”キティちゃんの頭の形”だなと思いつつも、柴犬ですかと尋ねたりして、お手間を取らせてしまいました。 

今日も写真が美しい。  センスがすばらしい。 おいしそう。


Commented by TamNao at 2009-04-16 22:42 x
arincoさんの虎杖入門のお役に立ててよかったです!
おばちゃんのお料理、美味しいと言ってくださり、
とっても嬉しかったです(´∀`) ありがとうございました!

arincoさんの初イタドリ料理、さすが~めちゃめちゃ美味しそうですぞね ^口^
Commented by kyoe_noriko at 2009-04-17 14:10
炒め煮美味しそう!

イタドリは新芽のところを天ぷらでいただいたことがあります。
ぬめりが美味しかった!
Commented by arinco11 at 2009-04-17 17:49
■LJさん…箱根あたりのお山にも自生はしているそうですが、
喜んで食べるのは、土佐人だけのようです。
イタドリって、日本の古来植物かと思ったら、外来種!というのには驚き。
一度食べると、やみつきになる味ですよ! ^^
日曜市には、山菜が沢山エントリーしていますが、イタドリも幅を利かせてます。
Commented by arinco11 at 2009-04-17 17:56
■中川さん…うちのモンちゃんは、半分犬みたいな性格ですから、それが後ろ姿に...^^
写真?、確かにアングルなど、その人なりの個性や特徴がありますが、
いつも感じるのは、被写体の持つ力!、そこに尽きるのではないかと。
このイタドリ、山の中、自生しているところで撮ってみたいと思いました。
写真、楽しんでいただけたようで、光栄。嬉し恥ずかし、ありがとう!
Commented by arinco11 at 2009-04-17 18:02
■タムナオさん…何から何まで、ご馳走様になりました。 m(_ _)m
これで、やっと、イタドリと友達になれました。
「おばちゃん」の指導のお陰。
百聞は一見にしかず、お手本料理まで味あわせていただいき、
幸運なイタドリ入門となりました。
炒めたイタドリも、滅茶苦茶おいしかったし、
丼一杯でも食べられそう!とか、思うたちや。。。
Commented by arinco11 at 2009-04-17 18:06
■noriちゃん…炒め物、甘辛に酸味があって、ちょっとトロ〜リ。
そうそう、何でも、生でも食べられるということだし、
穂先の芽を天麩羅なんて、いいねぇ!。
次にゲットしたときには、天麩羅にしてみるよ。ほんと、ここは山菜天国なんだなぁ! ^^
Commented by saka at 2009-04-18 10:48 x
初めまして!高知に惹かれる東京人です。
料理関係のブログをあちこち拝見していて、鳥の油煮をしり、arincoさまのブログに行き着きました。
拝見して、感嘆の日々です。やーー凄い。美味しそう。是非、養女にしてください(笑)。
鳥の油煮も美味しかったです。やっぱり皆さんがおっしゃっているように、潔さでしょうね。
これからも楽しみに伺います。よろしくお願いします。
Commented by arinco11 at 2009-04-18 23:23
■sakaさん…はるばる、ようこそ! コメントありがとうございます。
鶏の油煮の記事は、去年の3月。その頃の私は、東京湾奥暮らしでした。
そして、その一年後の今、高知にいます。
この町で暮らし始めて、間もなく3ヶ月になろうとしていますが、
市にでる野菜や果物が、どんどん旬を教えてくれます。
それと、ピチピチ野菜や魚などを食べると、都会の生鮮食料って何?と、
今更ながら、産地の偉大さ、その文化の力強さに心打たれますよ。
最寄りの図書館で、こちらの郷土食などについての本を借り、手放せません。
地元の人達に教えられることも、たくさん。
まっこと、高知はえいところですぞね! 明るい気性、高い空。
私も、惹かれ惹かれて、この地に来ました。
どうぞ、高知の魅力を、この地で味わって見て下さいな!いつか、きっと!
Commented by ikako-27 at 2009-04-19 11:10
高知出身の友と出会って初めてイタドリを食べました。
毎年、さっと茹でて皮を剥き、塩漬け→冷凍にしたイタドリをいただきます。
塩抜きして油炒めにし、そう・・arincoさんの最後の写真のようにして
食べるのが私のお気に入りです。
山クラゲにちょっと似たような食感ですね~
六甲山でもイタドリは生えていますが細くって高知のイタドリのように
立派なのは目につきません・・。。。
友は先週はゼンマイを作りに高知に帰りました。
今年もイタドリのおすそわけを期待してるのですが・・?
Commented by arinco11 at 2009-04-19 17:30
■ikakoさん…こちらの皆さん、やはり最近は、イタドリを塩蔵冷凍なさっているようです。
私も、早くそのやり方を身につけないと、、、と思いながら、
今は生が出回っていて、
味は全然違うけど、
このイタドリを食べる喜びは、アスパラガスを食べる楽しみに似てるな、と、ふと思い。
本当に、高知は、山菜王国です。
後ろの山や谷に、いつか分け入り、自分で採集してみたいと思っています。
Commented by at 2009-05-29 17:01 x
こんにちは。
遠佐、何のこと? と鈍いわたしは「土佐」と気付きませんでした。
いつのまにか、浦安から、そちらへ行かれたのですね。
Commented by arinco11 at 2009-06-02 17:38
■風さん…お久しぶり、かな? ^^
私、移住しました。^^
「土佐」を「遠佐」とすることには、迷いもありましたが、
紀貫之の「土佐日記」に、変体仮名表記として「遠佐」(=表音)というのがあるそうで、
ま、「遙々遠くに来た!」という感じもでるかなぁ、と思い「@遠佐」と遊び。
今現在、「遠佐」という地名は、北海道にあるそうです。
土佐の地名や言葉には、アイヌ語由来のものもあるのでは?とか、
土佐人の顔を見ていると、沖縄と同様、アイヌっぽい容貌の人もいるし、
縄文、いや、それ以前からの黒潮文化とでもいうのでしょうか?
ハッキリしたことは、きっと私にも、誰にも分からないかも。でも、歴史のロマン。^^
「遠佐」についての言及は、「風さん」が初めてでした。
ちょっとうれしい!、ありがとう! ^^


<< 「四万十川の青のりで...かき... 「ウルメイワシの酒塩炒り」09... >>