「りゅうきゅう→ハスイモ→芋茎...なるもの」101021

b0006637_1012146.jpg
...美しい...
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
b0006637_10121941.jpg
去年の夏は遠目に見ながら...やり過ごしてしまった
今年も...さすがにもう秋だから...チャンスはないか?と思ったら...まだあった!
土佐でいうところの「りゅうきゅう」...まんま...沖縄から伝えられたからという命名
1mはあろうかという...これ...実は「ハスイモ」とよばれるもの...が...芋は食べない
土佐では生食するが...もう少し一般的に言うと
「芋茎(ズイキ)」と呼ばれる干物野菜の...生の正体なのでありました
なぜ「ハスイモ」と呼ばれるのか?...そうそう芋茎の...穴あな穴の様子からとか
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
b0006637_10123167.jpg
頂き物「りゅうきゅう」の皮を剥く...案外スルスル〜と簡単で...楽しい
今回はそれを穴々を断面にスライスしてみたら...30cmのボウルに山盛り
b0006637_10124622.jpg
どうなることか?...と思ったら
塩もみにして搾ると...ソフトボールよりチョイぐらいの量になりました
ジップロックにいれて...冷凍もできるとか...教えていただきました
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
b0006637_10125945.jpg
塩揉みして絞ったものは...塩とアクを抜くために水に放す
炒め物や味噌汁の具にしたり...刺身に添えてという食べ方もあるとか
今回は...サラダのような...和え物のような
コーンとヒジキを合わせ...ごまだれベースの味にしてみました!
フレッシュなシャキシャキ感...ズイキの煮物とはまた違った食感が楽し!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
=^・^=

by arinco11 | 2010-10-21 10:45 | 食材・調味料(92) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://arinco11.exblog.jp/tb/14254199
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by Tomy at 2010-10-26 01:26 x
arincoさん、こんばんはー。
わたしもソレ、先々週ぐらいに食べました!
近所の小料理屋だったんですけど、
最初美しく魚と盛り込んであって生でいただきましたが、
カウンターだったので思わずこれなに?って聞いちゃいました。
ズイキは他で食べた事がありましたが、
生は初めてだったのでキレイでびっくり。
白身の魚と酢の物にしたのも美味しかったです。
そういえば、昔、サツマイモだったか、芋の茎を煮たのが食卓にあがってましたが、
父は辛かった時代を思い出すらしく絶対食べませんでしたねー。
これはたべさせてやりたい(笑)
Commented by arinco11 at 2010-10-29 18:49
■Tomyさん…お返事が遅くなりました。プチっと愛媛旅していたもので。m(_ _)m
リュウキュウ=ズイの生食、私はコチラにきてから食べるようになりましたが、
案外、他の地方でも食べるようですね。
ここいらでは、太刀魚やナイラゲ(生カジキマグロ)他、
酢で締めた魚で酢の物にするのが定番のようです。
それから、メカジキ(ソウダガツオの幼魚)を茹でたものと一緒に食べるとかも、
いかにも季節物の出会いだな、と感じさせられます。
サツマイモの細い茎、まだチャレンジしていませんが、
こちらでは、今でも日曜市に出ていて、じゃこ天とサッと煮なんかするようです。
真夏に、カボチャの茎が売られていて、
当地方の人は、何でも食べるもんだな!と、ビックリ。楽しいですねぇ!


<< 「四角四面の律儀もの?...四... 「イタリアンなモツ煮込み...... >>