「とびきり美味な『浜幸の甘王大福』と...ヒバクの苦渋なお話」120305

おやぁ?またクタバッタ?...かと思うと...どっこい生きてたりして...スマソm(_ _)m
撮影して, 画像を作っても, どうやらテキストをつけるのが億劫みたいです...orz
そうこうしている内に, 何が書きたかったのか, 忘れてしまったり=3...超爆
ま, 甘いお話と, 苦いお話におつきあい下さい...^^;
こちら, 高知県では一番よく知られている?「浜幸」さんの, 「甘王大福」です.
b0006637_22142356.jpg
「浜幸」というと, つい木更津のやんちゃなオッサン「ハマコー」を思い出したり...
で, 土佐の「浜幸」さんの「甘王大福」は, 季節超限定の大福です.
「甘王」という品種の苺は, 博多の特産品だそうですが,
浜幸の大福の定番となっており, 絶妙な白あんと羽二重生地のコラボレーション.
一度, 遠隔地の友人にクール便で送ってみようかと問うてみたら, NGがでました.
冷蔵便でたった24時間以内でも, 発酵する恐れがあり, 味が変わってしまうとか.
今は, 博多の「甘王大福」の時季. さぁ?今年は, いつ頃まで店頭で見かけるでしょうか?
嬉しいことがあった日なんかに食べると, もう, もう, 溶けてしまいそうな口福感...^^
b0006637_22141215.jpg
「甘王大福」より少し早く店頭に出るのは「普通の」いちご大福.
それは, 苺も小粒で, 小豆あんの仕立てです.
「浜幸」さんでは, 一年を通じて, 季節感たっぷりの創作大福があり, 楽しみです.
ちなみに, 苺のこと. 高知のブランド苺は「べにほっぺ」かなぁ?これも大粒美味です.

b0006637_2214125.jpg続いて苦いお話.
同僚氏が買って読んでいたコチラの本→
私も読みました.
著者の肥田舜太郎さんは,
広島で被曝なさったお医者さんです.
今も95歳現役で,(←元記事訂正3/10)
講演活動などされているそうです.
2005年6月10日初版なので,
311以降の原発事故後の本ではないのですが,
低線量の内部被曝が,
いかに恐ろしいものであるかを
学ぶことができます.
我々は, つい,
記憶に新しいフクシマ原発をはじめ,
原子力発電さえ止めれば...と
考えてしまいがちですが,
本書では, 核物質の採掘から精製,
各種原子力兵器(例えば劣化ウラン弾),
そして,あらゆる 核の廃棄物処理まで,
もはや, この地球上のありとあらゆる場所が, 放射性物質で汚染されていること,
そして,微量でも内部被曝は, 現代に生きる我々すべてと, 未来の人々にとって,
いかに切実な問題であるのか!を教えられます.
今更どうすりゃ何とかなるの?というより, 人類はこんなにも罪深いコトを重ねてきたのだ...
重たい...重たすぎる課題ではありますし, 私たちは無力ですが,
少しでも身辺の安全を考えていくべきということを,
この美しかったが, 今は決定的に汚染されてしまった列島で,
いかに生きていくべきかを, 深く考えて行かざるを得ないと感じるところの大きい一冊でした.
b0006637_22134924.jpg
↑クリックしてみてください. 読みやすく拡大します.
本書の一部を撮影掲載させていただきました.
それと, もうひとつ...
中部大学・武田邦彦先生の,
「瓦礫」のトリック・・・その危険性とトリックを正しく知ろう
少し前の記事ですが, もう読まれましたか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
=^・^=

by arinco11 | 2012-03-05 23:45 | 果物と甘味(115) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://arinco11.exblog.jp/tb/17918193
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by クーネル at 2012-03-09 11:38 x
arincoさん おはようございます
私が℡をかけた日は もしかして☆☆ではなかったかな?
大丈夫ですか・・・・
本当に寒かったこの冬もそろそろ退散支度を始めたみたいですが
まだまだ 暖房は手放せませんね(>_<)

美味しそうな大福の画像に思わずお腹が鳴ります

お薦めの著書 手が完治しましたら図書館で探してみたい
実家の父が広島に原爆直後 呉から救援に入り 多量の放射線を
浴びて後年晩発製放射能障害で亡くなりました
そんな事もあったりして・・・

内部被爆についても 私自身考えなければなりません
今更どすんねん??の声がきこえそうですけれど  
CMではありませんが 子供達に美しい地球を残してやるのが
大人の果たすべき事ではないかな

人間の愚かさをつくづく思い知らされています
石原知事が“天罰だ”とコメントして顰蹙をかいましたが ある意味
的を得ているのでは・・・・

今日こちらはとても寒く 小雨がぱらついています  春ま間近ですよ
どうぞ ご自愛なさいますように             では又


Commented by arinco11 at 2012-03-10 09:32
■クーネルさん...おはようございます。昨夜は早くにバタンQでしたよ。^^
昨日は、お声が聞けて楽しかった。今朝は、起き抜けからご機嫌です!
久しぶりに緑茶をしっとり淹れて、のんびり。
本日は風が強いですが好天、ちょっと外出してみようかなぁ〜な気分です。
そちらのお天気はどうかなぁ?今年は特に雪が多くて大変ですね。

さて、↑の本ですが、読みづらいところははしょってもいいから、
やっぱりお読みいただくと、
放射能、今後も進む、低線量の内部被曝の恐ろしさや核産業についての認識も少し理解できます。
本当に、70年超の期間にわたり、人間は、とんでもないことをしてしまって、
ちょっとやそっっとでは、取り返しがつかない。
これからの時代に生きる若い人達に、お詫びのしようもないくらいひどいですね。
人間は、愚かです。まったく。orz

でも、今のまま手をこまねいてうずくしまってしまう訳にはいかない。
政治も社会も、再生に向かって、変わって行かなきゃ!元気をだして!

庭に、めじろが遊びにきています。みかんを食べにね。^^
お会いできるの日を楽しみに、またお電話でもお話もしましょうね!


<< 「うっかり...名残りの黄金柑... 「ラビット・サラダ」120214 >>