「Dmitri Hvorostovskyの低音にメロメロなのですが...」130412

最近このキッチン、あっという間に音楽室になってしまっていますね...^^
日常生活の時空が音楽に満たされ、その日の気分によって、今日は何を流そうかな?
しりとりのように音楽を追っかけているわけです。
まぁ、ここで音楽を集めてご紹介していることには、私なりの意義があってのことなのですが、
蟻からのメッセージが、ほんのりとでも皆様に伝わっていればうれしいです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ひとつ前の記事ではソプラノのBarbara Hendricksさんに、登場していただきました。
で、今回も続いて歌!にしましょ...男声です!

Dmitri Hvorostovsky ... Dark Eyes





さて、何を隠そう、私は筋金入り?の「声フェチ」なのです。
それも、男声低音=バリトンより低い声に、痺れてしまう体質?!のようです。
「それってファザコンぢゃん?」...ええ、なんと言われようとも結構でつ^^;
好きなものは好き!なのですから^^

「大橋 國一」さん(1931-74)、ご存知の方おられますでしょうか?...古いですが。
私が、高校生のときに二期会のオペラが神戸にやってきました...モーツァルトの何だったか?
行きたい!...急に言い出した私に母が「よーし、誕生日のプレゼント!」...連れて行ってくれました!
その公演の時に...魅入られたのがバスというかバリトン...17歳ぐらいの頃でしょうか?
その後、NHKの新春アリアを、毎年楽しみにしていて、お目当てはもちろん「大橋 國一さん」
あの堂々たる低音と不敵?と思わせるニヤリとした表情...今も目に耳に残っています。
で、1974年、神戸に大橋さんが来る!と楽しみにチケットを握りしめ、」待ちました。
が、なんと!、旅先のソ連で急病につき休演(涙)...間もなく、そのまま帰らぬ人(42歳)となられました。
素晴らしいバス-バリトン...あのままいけば世界的な歌手になられたろうになぁ?...残念。
男声の低音の魅力の虜となったのは...その頃以来なのでした。



そして、近頃ハマりしこのお方…Dmitri Hvorostovsky=ディミトリー・ホロストフスキー様、
ホーム・サイトもあります。

Katyusha



Moscow Nights





こういう掘り出し物もありました...この時パヴァロッティはすでに70歳を超えていたそうです。
敬愛・尊敬して止まないパヴァロッティとの共演、ちょっと長いですがお好きな方はどうぞ。

L. Pavarotti & D. Hvorostovsky "Invanno Alvaro"



アリアともなると、もっともっとすごく、実力が炸裂しちゃうんだなぁ、これがまた!

"Votre Toast" Toreador Song Carmen



どこにしまい込んだのか、うっかり探し出せないのですが、
あるインタビューVTRで、
Dmitri Hvorostovskyが絶賛している歌手の一人に、「Édith Piaf」がいたのが印象的でした。



最後は陽気にいきましょうか!...イタリアの歌が好きでアルバムもだしていますよ♪

O Sole Mio





ついつい長くなりました...^^;
身体全体を楽器とした「歌」って素晴らしいですね!...ちなみに蟻は後天性音痴です...><;
↓↓↓ もっともっと聞いてみたいと思う方がいらっしゃったら...ここクリックしてください ↓↓↓
約70分のBGMとして...素敵なひとときをお過ごしいただけるとうれしいです...^^

Dmitri Hvorostovsky. Russian romances and Neapolitan songs



1. Ya fstretil vas (I Met You, My Love)
2. Torna a Surriento (G. De Curtis - E. De Curtis, orch. G. Chiaramello)
3. Net, ne tebia tak pilko ya liubliu (No, It's Not You I Love So Fervently)
4. Passione (Tagliaferri - Valente, arr. L. Logi, 2001
5. Tol'ko raz byvaet v zhizni vstrecha (Only once in your life could be the meeting)
6. Maria, Marí (V. Russo - E. Di Capua, orch. G. Chiaramello)
7. Noch svetla (Bright is the Night)
8. O Sole mio (E. Di Capua - G. Capurro, orch. G. Chiaramello)
9. Ne probuzhday vospominaniy (Do Not Awaken Memories)
10. A Marechiare (S. Di Giacomo - F. P. Tosti, orch. G. Chiaramello)
11. Pesn' yamshchika (The Coachman's Song)
12. Dicitencello vuie (Falvo, orch. L. Logi)
13. Odnozvuchno gremit kolokol'chik (The Lonely Coach Bell Rings)
14. Santa Lucia (Teodoro Cottrau)
15. Utro tumannoye (Misty Morning)
16. O surdato 'nnamurato (A. Califano - E. Cannio, orch. G. Chiaramello)
17. Troyka mchitsa, troyka skachet (The Troika Speeds, the Troika Gallops)
18. Voce'e notte (F. Russo - E. De Curtis, orch. G. Chiaramello)
19. Gori, gori, moya zvezda (Shine, Shine, My Star)




=^・^=

by arinco11 | 2013-04-12 01:00 | ♪音楽♪(17) | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : http://arinco11.exblog.jp/tb/20272576
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by サニ at 2013-04-13 04:14 x
なるほど、ニヤニヤ見てしまったぞ。
わかるわかる!!
お顔もいいっw
Commented by arinco11 at 2013-04-13 15:59
■サニちゃん…こらこら、見るんぢゃなくて、聞くんでしょっw
もっといいヤツ、カルメンの見つけて貼ったから↑、聞いてごらん遊ばせ^^
アリアを歌うと、もっとかっこいいよ、まったく。。。涙
お顔!…マスク、いいねぇ、むふふ。。。
それに、マッチョ、低音の魅力、三拍子そろってるぜ!w


<< 「You Are So Bea... 「Barbara Hendri... >>