「ほぉ、と聞き耳をたてる。。。」20131210

なかなか手書きのノートに戻れないものですが。。。
ノートに手書きしているときには、パソコンの文字入力より手軽!とか思いつつ、
目の前に、パソコンがあると、ついつい手書きノートよりブログに、直打ちしている私です。




今日は、半径1m以内にいる人が、思いがけない言葉を、ポソッと。。。

「 妄 想 の 一 歩 先 」

な~んて!言うではないですか!@@

いや、それを聞いて、一瞬フリーズしてしまいましたよw
勘違い、思い込み、錯覚なんぞは当たり前すぎ、さらに妄想とか幻覚の域、
。。。誰にもありがちな...人の常ですね。。。

画家・作曲者・小説家...ありとあらゆるアーチスト
学者...哲学・思想・数学...などなど
別の境地に身を置くことになったり、振れてしまったり。
そこには、境界線を越えた領域が、確かに存在しているようです。
そして、その領域と、こちら側のどちらが、
ヒトとしての住み処なのか、わからなくなってしまいます。

...卓越した美や世界観を、歴史に残す人たち...
...残された作品を、のほほんと、見て、聞いて、楽しむ...
...自分が普通と思い込んでいる者たち...

時々...芸術に触れながら、その作家の生涯をWikipediaで調べてみたりしています。
壮絶なんですよ。。。ね。。。



by arinco11 | 2013-12-10 21:03 | note...もの語り | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://arinco11.exblog.jp/tb/21616963
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。


<< 「いろはにほへと...四十七文... 「山頭火の句より」20131209 >>