「旅の動線0114-2...覚えが記」20140125-28

末尾に画像添付しました(0128)... m(_ _)m



1月14日/6日目の2

もう 13年も前の冬
2001年
阪神淡路大震災(1995)の翌年6月に 母・和子さんが逝き 4年6ヶ月+が経っていました
浦安と神戸間を 半年間 何往復も。。。
神戸の家を 丸々 片づけました

父がいなくなり その後 母は自宅で料理教室をしていました
膨大な量の 食器や調理道具...
それだけではなく 捨てられなかったんだなぁ 父の服も...
洋裁もしていたので 布も たくさん貯めこんでいて...
キチンとした人だったので 収納もばっちり。。。出すと膨張しました
業者に トラックで ゾックリ・ガバァーと 持っていってもらえば?と言われたり。。。
そういう訳には いかないでしょ...決意がありました
両親の来し方を 隅から隅まで... という思い

http://dictionary.goo.ne.jp/dicindex/jn/%E3%81%8D%E3%81%A1%E3%82%93/u/%E3%81%8D/


途方に暮れながらも すごくたくさんの ご理解とご協力 ご厚情を得て ;;
とにかく モノを減らしたい 軽くなりたいの一心で
迷った挙げ句
ごく信頼できる方に ご相談し 引き受けていただいたものが ありました
それは 「おじいちゃん宗策さんの碁盤」 でした
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A2%81%E7%9B%A4

父・源ちゃん(三男)の実家は 土佐のつくり酒屋で
茶の間には 大きな長火鉢の向こうに いつもおじいちゃんがいて
誰彼となく 人が集まり...
その景色には 同じ部屋にあった碁盤に 向かい合う輩の 息づかい 笑顔 碁石の音

形見分けで
やはり囲碁好きだった 父のもと
「おじいちゃんの碁盤」が 神戸の家にきて 残されたままでした
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A2%81%E7%9B%A4

「おじいちゃんの碁盤」は
2001当時 幸運にも 新しい居所を みつけました

しかし 余りにもドサクサの最中
譲ったものの 人頼みゆえ
記憶が 希薄になっていました

アレは? どうなってるのかな?
最近 俄に 気に掛かっていました

今回の旅では
最初にアレを手放すときに
行き先を ご紹介いただいた「J」さんの お導きで
「おじいちゃんの碁盤」と 対面してきました (0114/1340-1450)

今 アレが居るのは
和津田 猛さんが 主宰する
神戸 「日本棋院 どんこクラブ碁友会 北御影支部」 という所です
「どんこクラブ」では 特に 「子どもの囲碁」に 主力を置いておられるとのことです

和津田さんは 以来 13年に渡り
ずっと大切に 手元に置き まさに「お手入れ」してくださり
「宗策さんの碁盤」は 若々しく蘇っていたのです


次の14画像は 1枚にまとめてあります
よろしかったら クリックしてみてください 大きくなります ^^
b0006637_1817162.jpg

件の「榧の木の碁盤」は
手元の「宗策(S.40.01.22.没)伝」によると 大正5-6年に 購入したものと推定します
13年前(2001)の記憶では 全体に煤けて 足もガタガタしていました

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%A2%81%E7%9B%A4

「日本棋院どんこクラブ碁友会 北御影支部」
http://www.pandanet.co.jp/connectclub/p_nk-donkoclub/index.htm

https://www.google.com/webhp?hl=ja#hl=ja&q=%E3%81%A9%E3%82%93%E3%81%93%E3%82%AF%E3%83%A9%E3%83%96%E7%A2%81%E5%8F%8B%E4%BC%9A&start=10


和津田さんの 手ずから
ひび割れに砥の粉を詰め 削り出し 磨き上げ 碁盤の目を引き
底面は温存
血溜まりには おじいちゃんの署名と クチナシがどっしり座る 佇まい 

素晴らしい 触れ心地と 透き通った響きを 味あわせていただきました

立派な「現役」... いえ...未来形ですね
これからも 碁盤の目には きっと往来が。。。
「宗策さんの碁盤」に 似合う姿が そこにあるような。。。 m(_ _)m








b0006637_23284899.jpg

文章画像編集責任...有澤 朋子
by arinco11 | 2014-01-25 23:40 | note...もの語り | Comments(2)
Commented by hisako-baaba at 2014-01-29 09:47
素晴らしい旅をなさいましたね。
大切に保存されていた碁盤と再会、さぞかし嬉しかったことでしょう。代々の歴史を大事になさるのは、良いご家庭だった証拠ですね。
私も明治のものを大事にしています。
Commented by arinco11 at 2014-01-29 22:34
■ひさこさん...ありがと、です ^^
碁盤 アレでよかったのかと 年末まで思っていました
が、 ほっとするやら うれしいやら。。。
なにより 子どもたちが 碁盤を囲んでいる風景が 夢いっぱいですね。

明治、、、確かに 私の手元にも そういうものが いくつかあります
匠の技を あじわったり 物語りがあったり しますね ^^


<< 「割干し大根で...ハリハリ風... 「旅の動線0114-1...覚... >>