「初めての柚餅子づくり...1・仕込み」070119

b0006637_19944.jpg
さてと・・・柚子だ
今シーズン もう何回 登場したことやら でも もう1-2回戦 許してね
今回は 一生に一度作るかどうか 「柚餅子」です もち!初体験
歴とした 酒の肴らしいですが...^^; 呑めないariの 物好き...の巻
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●ぶっちゃけ、「柚餅子」なるもの、ari...産まれてこの方...見たことも食べたこともない...。
が、こちらで「郡上八幡のゆべし」なるものを見たときから、どうしても食べてみたい...発熱!...好奇心に着火モードね...。^^
b0006637_1993858.jpg●冬至をピークに...お正月以降...マーケットからも柚子の姿が消えつつあり、そろそろ潮時...チャンスを逃がすぞ...と。昨日の慌ただしさをクリアして...本日挙行!。

●で、「柚餅子」の由来や作り方など知る由もなく、「神奈川県農業技術センターさんの...農産物の上手な利用法」…「柚餅子の作り方」解説(←ご参考に)を...手がかりにさせていただきました。赤味噌・砂糖(ザラメ+黒砂糖)・白胡麻の分量は...お手本どおり。ari的というか...「郡上八幡のゆべし」を参考に...松の実+胡桃+蜜漬け柚子皮+刻み干し柿...を...ベースの味噌に混ぜ込んでみました...美味なお味噌だ!。
●以下...プロセスの紙芝居?!。想像していたよりは...簡単だったような気がするけれど、蒸し上げるまでは...単なる仕込み。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
b0006637_1910153.jpg
b0006637_19101269.jpg
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

b0006637_19103013.jpg●特製味噌を柚釜に詰め、蒸すこと40分。解説どおり、柚子皮の苦味が、蒸している間に...お湯の中に...滴り落ちて抜けるんですね。

●そして、蒸し鍋から取り出した...この「柚餅子」、最初はフニフニしています。少し=1-3日...笊の上で乾燥させて...形が落ち着いたら、和紙に包んで...逆さまの...照る照る坊主の様にぶら下げて、約2ヶ月間ぐらい自然乾燥させるのです。それで...やっと...「柚餅子」なるものの...初味見ができるのです。早くて...3月半ば。春過ぎには冷蔵庫で保存ですねぇ。鍋の大きさに合わせて...4つ作りました。少しずつ食べて、味の変化を知りたいと思います。そして、最後の一個は、必ずや...^^...丸一年まで寝かせて...未知の味ワールドを体験したい〜〜〜!と...楽しみにしています。 =^・^=
参照…「ゆべし」...フリー百科事典「ウィキペディア(Wikipedia)」
by arinco11 | 2007-01-19 20:12 | 果物と甘味(115) | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : http://arinco11.exblog.jp/tb/6359707
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by aonami24 at 2007-01-19 23:53
う~ん と唸りました。
まさか本気で蟻さんが、挑戦されるとは。
とても贅沢な<ゆべし>が出来上がると思います。
柚子皮の蜜漬け、干し柿の入る<ゆべし>は何処にも
無いと思います。楽しみですね。
2~3ミリに薄く切り賞味するのが定番のようですが
私も先日、残りのゆべしをそのまま、がぶりと噛み付きましたが
その、もちもち感に驚きました。
ゆべしの濃厚、複雑な滋味が薄切りより味わえました。
とても美しい画像で<ゆべし>の総括が出来たと思います。
後は数ヵ月後の、味わい深い記事に期待します。
Commented by sand_gasa at 2007-01-20 08:07
ぎゃ~~ すごいです、師匠!
aonamiさんのコメント:「まさか本気で蟻さんが...」に 諾々
これは是非レポートをば!
私の「ゆべし」知識は だいぶ前の国営放送連ドラの精進料理人を目指す話で知ったのですが
(吉野熊野が出てくるので うれしくてね)
劇中で主人公が「ゆべし」に挑むシーンに うなりました
「こんなに大変だったのか」と...
今年は暖冬 さてさて 「蟻厨房謹製柚餅子」の出来はいかに?
って えらそうに書いてますが 実は私も食べたことありません(高級食材ゆえ?)
もう興味深々です!
Commented by arinco11 at 2007-01-20 19:26
■aonamiさん…唸りましたか?。
ariのハートを鷲掴みしたのは、aonamiさんの郡上八幡柚餅子だったのに...。^^
第一段階、ここまで作ってみて、古くからの知恵って凄いと感服。
蒸すことによって苦味成分が抜けるんですねぇ。
仕込みは、思ったより簡単、これで上手くいけば、4個といわず、
もっと数を作るにふさわしい、ひょっとしたら来シーズンは量産?。^^
作ってから、丸24時間以上過ぎ、色味がよりシックになっています。
さらに時間が経つと...どうなる?どうなる?...ワクワクです。^^
この柚餅子の作り方と、元日の「賚果(らいか)...宗家源吉兆庵製」にヒントをもらい、
実は、柚子釜の中に、酒粕入り柚子餡をいれた、
和風スイーツをイメージしています。さぁ?やるか?どうか?...
To be or not to be...ハムレット・シンドローム。^^
Commented by arinco11 at 2007-01-20 19:37
■わこチャン…これは、作り甲斐のある食べ物だよ。
仕込んでから、丸一日で、様相に深みが増してきました。
あと一日...一日...どんな風に変化していくのでしょうかね。
次は、和紙でくるむ...という作業の時に、レポートしましょう。
仕込みは、割と簡単だったよ。
でもその後の...保管?熟成?のお世話が上手くいくかな?。
今回のが、シメシメシメ子の...だったら、
来冬は、土佐…馬路村or北川村産かな?...
従兄弟にお願いして、産直柚子を箱で...なんてね...。アハ、気が早い。^^
興味深々?...乞う!ご期待!。
Commented by akiko-y8 at 2007-01-21 22:16
arincoさん。こんばんは。
柚餅子づくりに挑戦されたんですね。すごいです。
宮崎は柚子の産地でもあり、柚子の加工品もたくさんあります。柚子胡椒とか柚子のお菓子もたくさんですが、ゆべしもけっこうメジャーです。
こちらのは、平べったいのがよく売っていますが、柚子釜というの、すてきですね。私も宮崎のゆべしがどうやって作られているのか、興味がでてきました。一年後のゆべしのお味、是非レポート待っています。akko
Commented by yasurako at 2007-01-22 16:37
柚子餅ってどんなお味なんですか?
香りがとってもよさそうですね。やわらかそうだし、おいしそう。。。
のどが痛いときにもよさそうな感じですね~。
Commented by arinco11 at 2007-01-23 00:25
■akkoちゃん…柚餅子、宮崎では作り方が違うんだぁー!。
この↑柚餅子は、全く、柚釜で作る保存熟成タイプの柚子味噌みたい。
今まだ乾かしているところだけど、3日間で、だいぶ風格のある色味になり、
近くに寄ると、柚子味噌〜!って、良い香りしてるんだ。^^
宮崎のゆべし、どうやって作るのか?、知りたい知りたい!。
わかったら、教えてね。
Commented by arinco11 at 2007-01-23 00:31
■yasurakoさん…柚餅子、未知の味、まだ今のところね。
ただ、基本の材料からして、柚子風味の田楽味噌の香りがしてます。
香り、すんごくE~よ。これが、乾燥〜熟成して、濃厚に凝縮されると、どーなる?。
あ〜、ワクワクしてるんです。
次回、もう数日中?に、和紙に包んで吊し干しにする時、
またアップする予定です。


<< 「スコットランドのビスケット.... 「爽快ミントティと...げんこ... >>