カテゴリ:和な味(103)( 103 )

「かさこそと...春色天丼」20160108

b0006637_194954100.jpg

香北町美良布(びらふ)での暮らしは
春色に染まりはじめています
ありがたいことに 至近距離に 道の駅「韮生(にろう)の里」や 「香北良心市」があり
野菜天国です

良心市でゲットした 蕗の薹と 道の駅でみつけた 人参の抜き菜を どぉして食べよう?
春色の天丼だなぁ! ... って
生椎茸と 友達の畑のサツマイモ 正月の残りカマボコ 五種を揚げる

寒中といえども 人参葉と蕗の薹 かさこそと 春が芳すぃー!です 




 
by arinco11 | 2016-01-08 20:14 | 和な味(103) | Trackback | Comments(4)

「人肌よろし...茄子とお揚げとオクラの炊いたん」20150831

いつまでも夏? もう飽きたか?と思いきや
前線とともに 当地方もめっきり涼しくなりました... やっと煮物でも作ろうかと...
昨夜は ラタトゥイユを仕込み
今夜は どーしようもなく「食べたい」思いを持ったまま 煮炊きから逃げていた
こちらさまのコレ...
「母作の「とっておき」茄子とお揚げとオクラの炊いたん。」
...垂涎の的だったのです



作り方を ご教授いただこうか?と 本気で考えたけど
まずは 自力で試みないとね ^^;
今回やった方法が 正しいのかどうかは 正直わかっていないよw
以前 厚揚げを使っておられるのを拝見して 私もそーしたい!って、、、
しかし 炊き合わせではなく 一つ鍋で仕上げるとなると。。。
待て待て 火の通り具合を考えんとね。。。

つー ことで エイヤッ!
まず 厚揚げだけを 最初にある程度煮て 味をしっかりさせる
煮汁の加減を見て 途中で 茄子を加えて 一緒煮にする... がぁ...
b0006637_21471444.jpg
このままでは 茄子が煮崩れするなぁ と 引き揚げ
厚揚げだけを鍋に残し かなり煮詰めてみた...
b0006637_21483738.jpg
汁がなくなりそーな 一歩手前で オクラを入れ
軽く煮きって 仕上がりとしてみました
b0006637_21475489.jpg
できあがったところで 盛りつけ...
そのまま すぐに食いついたのでは 熱ッいし
私の煮物観では 一度冷めた ちょうど人肌ぐらいが 美味しいだろうと
撮影しながら しばし オアヅケw 
b0006637_21474033.jpg
んんにゃ~ 旨いっす!
by arinco11 | 2015-08-31 22:42 | 和な味(103) | Trackback | Comments(2)

「柿と蕪で...賽子膾」20141114

b0006637_17595951.jpg
漢字 むつかし過ぎですよね...
「さいころ」も「なます」も 文字変換があってこそw
この地方特産の「広岡かぶ」と 友達の家の庭の柿 柚子玉が 手元にあったりすると
食べたくなるのが 「なます=膾」です
15㎜ほどのサイコロに切って 酢は「柚のす=柚子の絞り汁」を使うし 柿の甘みを生かして
調味料は控え目 今日は 昆布茶をちょっと振りかけて出汁の代わり ^^;
午前中に仕込めば 夕方にはしっとり馴染んで 美味です
蕪と柿を ひとかけらずつ 一緒に食べます
柿は半日経てば 舌でつぶれるほどに 蕪も程よい歯触りを残しながら 柔らかいです
こういうのは 口の中で味が完成されるんだなぁ、、、とか感じながら 大鉢いっぱい平らげたりw




by arinco11 | 2014-11-14 18:26 | 和な味(103) | Trackback | Comments(0)

「超B級=C級認定イカ焼きそば」130312

久々の「食い物記事」でありますが...焼きそば登場
超B級すなわちC級認定...と勝手に決定...爆=3
自家では,いわゆるソース焼きそばは...あまりというか...ほとんど作りません
(ちなみに...通常の焼きそばは...断然塩味系です)
が...ソース味!チョイやったろか!...みたいな乗りで...研究発表しまつ...^m^



時々...蒸した中華そばを一旦ある程度乾かし水分を飛ばした?ものに出くわしますが
市販の「蒸し中華そば」(今回は4玉)を...ごく細火でジックリと時間をかけて炒めてみる
油は使わないで結構ですよ...大きめの焦げ付かない中華鍋などで...ジリジリ
そう...30分といわず...1時間ぐらい...放置+時々返しながらって感じで
カラカラ〜って具合に...香ばしく...何だか輪ゴム?って雰囲気よろし...^^
b0006637_1940134.jpg
相の手は...豚少々(使わなくてもok)+イカ(一夜干しok)+キャベツ+もやし+大量の削り節
調味は...焼きそばソース+ウスターソース+ケチャップ+醤油
段々...怪しくなってきたでしょ?...^m^



最初に...別のフライパンなどで...豚とイカを炒めます
イカが...シコシコッと歯ごたえが出てくるぐらいになったら...もやし投入
続いて...細かめにザクザク切ったキャベツを...かなりドッサリ入れ...炒める
ここから...調味...控えめに焼きそばソース+ウスターソース
ウチでは...年に数回?いや...ほとんど出番のないケチャップ!を...少量トロリ
後は...甘みを好まないので...醤油!で味のバランスを整えます
b0006637_19395526.jpg
まぁまぁ具材炒めが仕上がったら...先にカラカラにした麺の鍋に...ドカンとぶちまけ
ひたすらミックスしていくのですよ...味の調整もしながら
で...うん!これでよし!...となったら...「削り節」を「これでもか!」と大量に混ぜる

なはは...なんだか...ゴックン!な感じになってきませんか?...^^



そ〜れ!っと...できあがり...召し上がれ!
b0006637_19394296.jpg


...そもそも...このソース焼きそば...
...2月のいつの日だったか...
同僚君が...隣り町赤岡の「おっこうや」さんに...土佐を去るご挨拶...とお邪魔しました
その時に...「ちょっと待ちよってよ」...と...しばし...?
そして...「おっこうやの姐さん」が,持ち帰ってきたのが「焼きそば」だったのです
それが...得体の知れない旨さ!...ソース焼きそば!...絶句!でした
香南市赤岡町の「いづみ屋食堂」の...名物だそうで
...聞くところによると...
麺を鉄板で長い時間をかけてジックリ焼いてある...と
ケチャップを使こうちゅー...と
次の日...早速マネをしようと...蒸し焼きそばとイカを買いに走りましたともサ!^^
で...もう3-4回目になるかな?...似てるけど...並べて食べたら味は違うだろうな?
本家様は...イカが...もう少しシコシコしてた+削り節が粉状で食感がちょっとザラッ
が...ごにゅごにゅと噛みしめる麺の感触は...似ていますよ...自家製も^^
とにかく...麺+イカ+キャベツ+削り節の産み出すハーモニーは...超B級=C級
私的には...豚はいらない...できればイカは一夜干し...削り節は粉状で!完成でしょ!
みたいに感じていますけど...お試しある?


=^・^=

by arinco11 | 2013-03-12 19:40 | 和な味(103) | Trackback | Comments(9)

「おでんの成れの果て...じゃがいも」111229

おやまぁ!2011年も今日・明日・明後日でお終いですねぇ.
実に深刻な災害や事故, 経済の不安, 国家の危機を意識せざるを得ません.
私が生まれたのは, ベビーブームの後で, 高度成長期のほんの少し前, 半端な世代.
この国で, 世情や経済に危機的状況を実体験したのは,
アラカンより少し前の世代の方々, 戦中やそれ以前の高齢者の方達だろうと思われます.
国家的+世界的な危機は, 一つ前が第二次世界大戦(1941-1945)だとするなら,
以来60-70年, 人ひとりの生涯に, いかほどかの生命的危機に直面するのだろう,
もしも, それが, 人類の意図や, 歴史を生かす知恵に欠けていることに起因するのなら?
いずれにしても, 少しはたくましく, 賢く,
その向こうにある未来に希望を見いだせるように, 共に生きていきたいものです.
そんなことを考えながら過ごす...年末の日々.
b0006637_20561626.jpg
おでん...そう!ローソンの大根は美味しかったりする!
入院中には, 病院食のオプションに大根だけ2個ばかり買いにいったり...^^

「おでん」と一言で語り尽くせるものではありません.
それに, 作るときによってヴァリエーションが違ったり.
ただ, 「蟻的おでん」の約束は, こんなことです.
1 出汁に甘みのある調味料を一切入れないこと. 醤油は色と香り, 味は塩.
2 ほとんど, いや, ほとんど絶対に練り物を入れることがないこと.

で, できれば大鍋に大人数,てな感じでネタの種類も多く...てな感じが美味しいよね?
でも, 少ない人数で, 大根をたくさん食べたいから一本使うとするじゃない?
そうすると, ネタの種類を多くすると食べきれないのが目に見えてる...orz
だから, 最近では,
中ぐらいの鍋に大根一本分+牛すじ肉ドサッとか, 少量のこんにゃく, 厚揚げ...
この程度で, まずスタートさせます.
今回は, 自家製鶏つくねと大根だけの2種の具材, きれいな出汁で始めました.
次の日は,大根が減ったので蕪+薄揚げ+こんにゃくを追加してみました.
そして, まだ出汁が生きている今日, 大根は売り切れだけど,
おでんの芋は里芋派でも時には, ジャガイモ↑を, お一人様一個ずつ入れてみました.
こっくりと煮汁の味を吸って, 素材とマッチ, なかなかよかでした.

昔のように, 蛸も入れたい, 厚揚げも, 鯨のコロも, なんて考えると, お二人様では大変.
だから, 逆さまの発想で, 大根だけはね!という考え方に切り替えて,
出汁を生かしながら, ネタを変化させて3-4回で食べきれるよう工夫しています.
今日の残りは, 出汁と薄揚げ3口, こんにゃく2口, 鶏つくね2個.
ここまで来れば, 小鉢に半分こで...お・し・ま・い...かな?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
=^・^=

by arinco11 | 2011-12-29 21:46 | 和な味(103) | Trackback | Comments(2)

「柚子の香なますと...」111224

b0006637_120896.jpg
ボウルの中から,こんにちは...仕込み中です.

以前はあまり好まなかった酢の物を,最近,同僚氏が食べてくれるようになりました.
嫌いな理由は,酢が苦手だった...ということで,
今は酢より,こちらで言うところの「柚のす」=柚子の絞り汁を使うと,
喜んで食べてくれることが判ったので,おほほほほ!うれし!

となると,食卓に,常備菜的な「酢の物」があると,俄然,献立が楽です.
シンプルな「紅白なます」を,チョイと作っておくことも多いのですが,
今日は,「かわりなます」...切り昆布・するめ・柚子皮入りの五色.
食べるときに,いり胡麻をパラパラ〜とするといいかな?

大根や人参(金時人参)をどのくらいの太さに切りそろえるか...さぁ,
その昔, お節料理作りの手伝いをした時に, 母が,
「細すぎるのはだめよ,美味しくないよ,クタクタになるし歯触りが大事」と,言うた.
その点だけかもしれない, コツというか一番の要, 「なます」の.

塩水に放した大根+人参を絞る時, 塩加減が強すぎないよう弱すぎないように加減.
私は, そこに先に「寿司酢」をドボッ+かつを出汁を入れ味を優しくした後,
「柚のす」をたっぷりめに仕上げます.

これだけで, 一品...いつでも食卓に酢の物...大根+人参は色が変わらず好ましいです.

続いては, ちょっとシリアスなお話となりますが,
b0006637_1223918.jpg
この本の事を「種まきジャーナル」で知り,
我が市の学級文庫的な市立図書館ではダメだろう...取り寄せました.

いわゆる福島原発事件以後の, 現在の魚介,海産物の汚染度は,
グリンピース水産庁の調査結果で,ある程度知ることができます.
そのことも, 今現在の食卓の安全度の目安となりますが,
水産物の放射能汚染については, 全く今後の成り行きについて, 判らないことだらけ.

そこで, この本を読んでみる気になった訳ですが,
そこには, 福島以前の,国内外の放射能汚染による様々な影響や傾向が記されています.
私たちが, 今まで知らなかった, 垂れ流しや事故による海洋汚染の実態.
その事実から, まさに「これからどうなる海と大地」が, 読み取れます.
小さな魚などが, 最初に危ない!と報道などされてきた訳ですが,
今後, 食物連鎖の上位生物に, どんどんそれらが取り込まれ濃縮していくこと,
そして, 最後には, それが最上位の人体に取り込まれていくという,
かなり致命的な経過をたどるという見込みが示唆されています.

自分の「食の安全」を, ほんの少し考えるために, と手に取った本でしたが,
魚屋さんの店頭で, どんな魚種を選んで食べればよいか, だけではなく,
それ以上に, 原子力の持つ怖さを, さらに深く考える内容でもありました.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
=^・^=

by arinco11 | 2011-12-24 13:29 | 和な味(103) | Trackback | Comments(4)

「山菜三種で...お気楽ちらし寿司」100420

b0006637_20223524.jpg
筍・蕨・蕗...いきなり漢字のテストされたら...KNOCKOUTざます
三種の山菜が揃ったので...ちらし寿司蟻家風...ビジュアル地味系
厚焼きにした玉子+帆立貝柱の水煮缶+胡麻...なんぞが入っとります
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
b0006637_20225391.jpg
最近...玄米を自家精米しているのですが
酢飯=シャリの加減が...まだつかめていないなぁ
...と...画像を見て...ふと気づく...あはは...気にしな〜い...
季節の「ご家庭版ばら寿司」なんだから
わっ!と作って...わっ!と食べて...わっ!と消えて...なくなる
ざっくばらんに...普段着!がエエと思ふんです
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
=^・^=

by arinco11 | 2010-04-20 20:22 | 和な味(103) | Trackback | Comments(4)

「正月の煮染め」100106

b0006637_1841695.jpg
image taken by EDA Takayuki... thanks!!!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今さら...速報性も何〜んもありませんが...今年の「煮染め」
31日大晦日に...明日の食卓...お雑煮だけでは寂しかろう?...にわか仕立て
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
母は...お正月の煮物は...すべて別々に煮ていたものですが
私のは...「超!不精者ふう」であります
煮崩れしない...椎茸と牛蒡と蒟蒻を一緒に煮て...っと...その1
蓮根と金時人参は...火の通りが近いかも...セットで煮よう...その2
鶏は...味が抜けないように...それだけで煮た...その3
で...大きなお鍋に...六種類の具材と煮汁を全部一緒にして「ズルく」煮た...その4
当地方の竹の子は...輪っかに切ってあり...優しい扱いで別に煮る...その5
お重に盛りつけるのもなぁ...鉢盛りもなぁ...ってんで松花堂の箱盛り...その6
2日ぐらい煮物として楽しみ...最後に具材を刻み...ちらし寿司にしてみた(オマケ)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
少人数の暮らし...おまけに昔のように...お正月にお店がお休みではないし
正月料理もシラケがち...お節料理作りが好きだった母は
きっと雲の上から...ッたくもって出来損ないのムスメだ!と...怒ってるかもネ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
=^・^=

by arinco11 | 2010-01-06 18:25 | 和な味(103) | Trackback | Comments(10)

「ころころ蕪柿なます...夜長の遊び」091118

b0006637_1232210.jpg
秋深き隣は何をする人ぞ...芭蕉
...とか思い浮かべながら...
chiekoさんの畑からもらってきた蕪と...柚...柿を並べる夜更け
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
b0006637_1233384.jpg
蕪はコロコロに切っただけでも...サクサク柔らかくて美味
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ならば...と...柿も同じようにサイコロに
この辺の柿は次郎柿...おおぶりな甘柿...この秋...もういくつ食べたやら?
「カキノキ」(wikipedia)の記載を見ると面白い
アメリカ東部の先住民も...やはり干し柿を作り保存食にしていたそうな!...@@
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ご当地の実生柚の酸味と味醂・塩だけで...純情仕立て
「これは何?...和風フルーツポンチ?」とか言うヤツは...誰?
美味しくな〜れ!...と...さぁ...そろそろ寝ることにしませう
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
=^・^=

by arinco11 | 2009-11-18 01:30 | 和な味(103) | Trackback(1) | Comments(4)

「ウルメイワシの酒塩炒り」090411

b0006637_16363266.jpg
頭はありませんが...潤目鰯(ウルメイワシ)
目に独特の潤みがかっているから...こう名付けられているそうです
最大級で40cmにもなる!なんて...鯖並みですね
冬の魚とのことですが...いつまで魚屋さんの店頭にエントリーしてくれるのだろう?
ともあれ...25cmほどもある...美しいウルメイワシに出くわしました
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
はるか昔に...雑誌クロワッサンだかの特集号(青魚編?)で
辰巳浜子さん?あるいは娘の芳子さん...いずれの記事だったかさえ不覚
作り方も...本を処分した後なので...正しいやりかたは確かめようもなし
イワシを酒と塩で炒る...というのを見て...一度マイワシで試みたことがありました
それは...素晴らしく美味しかった...そのことだけ鮮明に記憶しています
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
かなりな...暴挙...作り方は定かではないけれど
このウルメイワシを「酒と塩だけで!」炒り煮にしてみたい!
綺麗に洗い上げたウルメイワシに...好みによりかなりの塩...腹にも
鍋に並べて...底から1cmほど酒を入れ...蓋を閉め...最初は煮る
煮詰まる寸前からは...要注意
心して...鍋底に汁が残らぬように...炒りあげる
少し冷ますと...鍋底から綺麗に魚が取り出せます
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
b0006637_16364374.jpg
少々...塩辛い!という感じを...狙ってました
高知の実生柚子の酢(塩の入っていないもの)に...どっぷり浸しながら
むしゃむしゃと!
なりふり?...何ちゃぁかまん!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
=^・^=

by arinco11 | 2009-04-11 17:05 | 和な味(103) | Trackback | Comments(8)