カテゴリ:果物と甘味(115)( 114 )

「いも餅とほしか饅頭...土佐山田の日曜市で」20140110

あぁ 今週も お店を出してくれちゅう
お目当ては お赤飯だったり いも餅だったり...
b0006637_8535684.jpg
土佐山田の日曜市には 香長平野に伝わる 手作りの郷土食を作って売りゆう おばさんがいます 
b0006637_8541396.jpg
特に最近 注目 気にいって毎週待ちかねているのが 「いも餅」です
「いも9に 餅米1の割合でやりゆう そうせんと柔らこうならん 餅が固とうなる」...とのこと
皮を剥いたサツマイモ(昔はからいもと呼んだらしい)と 餅米を蒸かして餅にして
あっさり甘く煮詰めた小豆餡を芯に きな粉にころがしたものです
b0006637_8542333.jpg
かたや 色黒の饅頭は「ほしか饅頭」と呼ばれているもので 
「ほしか=干しか」とは からいもを細長く切り 熱湯をくぐらせ干したものだそうです
「ほしか饅頭」は その「ほしか」を さらに粉末にして作られた饅頭で
長い歴史の知恵 保存食を なにかとおやつに仕立てた 伝統食なのですね



今回は 「いも餅」と「ほしか饅頭」を
いきなりモグモグする前に 一度じっくり眺めさせていただきました
b0006637_8543583.jpg
b0006637_8544744.jpg
いずれも 素朴極まりない この土地の人たちの 昔からのおやつだそうですが
いったい いつ頃から 作られていたのでしょう? 軽く江戸時代には...という気がします
作り手のおばさんは 「もう今(いんま)の若い人らぁは こんな(昔ながらの)もん知らん」...と...
しかし これほど手の掛かったおやつを作って下さる方は ありがたい...
毎週 「いも餅」「ほしか饅頭」etc.を 楽しみに通ってくる 固定ファンも多いのです
他の地方にも こういうお菓子 あるのでしょうか?

(追記...いろいろググってみました いも餅は熊本県に似たようなものを発見しました 干しか饅頭は今のところ他地方には探し出せていません)
by arinco11 | 2014-11-10 09:55 | 果物と甘味(115) | Trackback | Comments(0)

「柿と芋で...純情デザート」20141011

b0006637_1132112.jpg
実に久しく「食い物ネタ」を やってないなぁ kitchenと名乗るのは「片腹痛い」とは思いつつ
過去を振り返ると 画像付き「食い物記事」を最後に書いたのはいつじゃ?...
おっと...^^;...2012年10月5日のようで 丸二年 食い物から逃避していたのでやんすねw

友達の家の柿が 「今年は台風や雨で 器量が悪いけど...」と どっさり届きました
どれどれ いっちょ遊んでみようか!



折しもサツマイモの季節...ゴロゴロと転がっていて
夜遅い時間に ステンレスのふた付き多層鍋で 焼き芋なんか作っておくのが
最近の習慣ではあります
b0006637_1133288.jpg
その焼き芋の皮を メリメリと脱がせ 剥がし
中身の芋を ビニル袋なんかに入れ ゴニゴニしてやると 簡単な「芋あん」ができてしまいます
もちろん砂糖など 甘みはいりません



気の利いたことを一切しない「芋あん」を ラップで巾着に絞ります 
b0006637_1134640.jpg
さぁて...柿ですよ ^^
熟しかけ 指で押して ちょい柔らかくなりかけた頃合いのを捕まえて 適当にザクザク
ラム酒ほんの少しでマリネしておいたものを 焦がさないようにホトホトと煮ます
地場の緑色の皮のレモン果汁をたっぷりお見舞いしてあげます
柿は十分に甘いので 無糖で結構です
柿がトロリと煮詰まってきたら フードプロセッサで グワァ~ ...
冷蔵庫で冷やすと ペーストが 自然にほどよくムースのように固まってくれます

ついでに リンゴをほんの少しの砂糖とレモン果汁で さっと煮

サツマ芋巾着と 柿のまんまムース リンゴのさっと煮の 三点盛り...秋のデザート編でした ^^
by arinco11 | 2014-10-11 12:03 | 果物と甘味(115) | Trackback | Comments(2)

「うっかり...名残りの黄金柑」120316

b0006637_20431341.jpg
JR土讃線土佐山田駅(最寄り駅)のKIOSKに, ちょっと用があって行った時に,
レジのところで見つけました!...「黄金柑(おうごんかん)」
「お好きだったら買っていってくださいね!もうこれで今年の分は終わりだから」って.

1月2月は, あまり外出せず冬眠...日曜市にも3月になってから初出動.
んで...見落としていたんスが,
なんとKIOSKで, 名残の黄金柑と出会おうとは...^^

小さいのはゴルフボールぐらいのものから,
大きいのはビリヤード球よりチョイ小ぶりまで.
いずれにしても, ちっさな柑橘です.
赤道で切って, ワラワラとかぶりつきやすいようにカットすると,
皮の香りまで味わえて良いような気がします.

文旦, 小夏(日向夏), と同様に, 黄色い皮の柑橘は,
糖分が蜂蜜系だと聞いたような?
甘さも酸味も, そして香りも上等!...^^
黄金柑の品種や歴史などは...コチラ
温州みかんと柚子のハイブリッドではないか?というのが面白いです.

7年前に浦安で初めて食べた時の記事があります.
今回の産地は, 高知県のミカンどころ「山北」だとか.
灯台下暗し...隣村が産地だったのです.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
=^・^=

by arinco11 | 2012-03-16 21:07 | 果物と甘味(115) | Trackback | Comments(0)

「とびきり美味な『浜幸の甘王大福』と...ヒバクの苦渋なお話」120305

おやぁ?またクタバッタ?...かと思うと...どっこい生きてたりして...スマソm(_ _)m
撮影して, 画像を作っても, どうやらテキストをつけるのが億劫みたいです...orz
そうこうしている内に, 何が書きたかったのか, 忘れてしまったり=3...超爆
ま, 甘いお話と, 苦いお話におつきあい下さい...^^;
こちら, 高知県では一番よく知られている?「浜幸」さんの, 「甘王大福」です.
b0006637_22142356.jpg
「浜幸」というと, つい木更津のやんちゃなオッサン「ハマコー」を思い出したり...
で, 土佐の「浜幸」さんの「甘王大福」は, 季節超限定の大福です.
「甘王」という品種の苺は, 博多の特産品だそうですが,
浜幸の大福の定番となっており, 絶妙な白あんと羽二重生地のコラボレーション.
一度, 遠隔地の友人にクール便で送ってみようかと問うてみたら, NGがでました.
冷蔵便でたった24時間以内でも, 発酵する恐れがあり, 味が変わってしまうとか.
今は, 博多の「甘王大福」の時季. さぁ?今年は, いつ頃まで店頭で見かけるでしょうか?
嬉しいことがあった日なんかに食べると, もう, もう, 溶けてしまいそうな口福感...^^
b0006637_22141215.jpg
「甘王大福」より少し早く店頭に出るのは「普通の」いちご大福.
それは, 苺も小粒で, 小豆あんの仕立てです.
「浜幸」さんでは, 一年を通じて, 季節感たっぷりの創作大福があり, 楽しみです.
ちなみに, 苺のこと. 高知のブランド苺は「べにほっぺ」かなぁ?これも大粒美味です.

b0006637_2214125.jpg続いて苦いお話.
同僚氏が買って読んでいたコチラの本→
私も読みました.
著者の肥田舜太郎さんは,
広島で被曝なさったお医者さんです.
今も95歳現役で,(←元記事訂正3/10)
講演活動などされているそうです.
2005年6月10日初版なので,
311以降の原発事故後の本ではないのですが,
低線量の内部被曝が,
いかに恐ろしいものであるかを
学ぶことができます.
我々は, つい,
記憶に新しいフクシマ原発をはじめ,
原子力発電さえ止めれば...と
考えてしまいがちですが,
本書では, 核物質の採掘から精製,
各種原子力兵器(例えば劣化ウラン弾),
そして,あらゆる 核の廃棄物処理まで,
もはや, この地球上のありとあらゆる場所が, 放射性物質で汚染されていること,
そして,微量でも内部被曝は, 現代に生きる我々すべてと, 未来の人々にとって,
いかに切実な問題であるのか!を教えられます.
今更どうすりゃ何とかなるの?というより, 人類はこんなにも罪深いコトを重ねてきたのだ...
重たい...重たすぎる課題ではありますし, 私たちは無力ですが,
少しでも身辺の安全を考えていくべきということを,
この美しかったが, 今は決定的に汚染されてしまった列島で,
いかに生きていくべきかを, 深く考えて行かざるを得ないと感じるところの大きい一冊でした.
b0006637_22134924.jpg
↑クリックしてみてください. 読みやすく拡大します.
本書の一部を撮影掲載させていただきました.
それと, もうひとつ...
中部大学・武田邦彦先生の,
「瓦礫」のトリック・・・その危険性とトリックを正しく知ろう
少し前の記事ですが, もう読まれましたか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
=^・^=

by arinco11 | 2012-03-05 23:45 | 果物と甘味(115) | Trackback | Comments(2)

「真夏のミカン...早生ハウス育ち」100730

b0006637_18392227.jpg
土佐ミカンの出場は早い...5月には市場にエントリーしてたかも
がね...晩秋からの...「こんまい山北ミカン」こそが...美味しいと思い
季節外れのハウスミカンは敬遠してしていたのです
山田の日曜市で...おなじみの果物屋の兄さんが...美味いと言う...信頼できる!
案外...デカい...冬ミカンの2-3個分程の大きさ
「冷蔵庫で冷やいちょいて...チッと何分か置いてから食うてみいや」...と
b0006637_18393748.jpg
なぁるほど...ええモンです...この時季の冷たいフルーツ
皮もやわらかくて薄いし...程よい酸味と甘さ...しっかりした味わいです...意外...@@
一日に一個ずつの...お楽しみ!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
=^・^=

by arinco11 | 2010-07-30 19:00 | 果物と甘味(115) | Trackback | Comments(2)

「熊野の夏みかんピールと小梅シロップ」100602

b0006637_046595.jpgいかにも「やんちゃ坊主」な面構え...
熊野の「夏みかん」です
「わこチャン」から届いた「お荷物」の中...
ニコニコッ!とした表情で...ご対面!
ズッシリ...お日様いっぱいに育った子たち

ぎゅっと詰まった甘みと酸味...堪らん風味
「夏みかん」て...こんなに美味しかったっけ?
秋に始まった柑橘シーズンの
堂々たるアンカーだな...なんて思ったり...
土佐の柑橘のトップランナーは...早生みかん
そして...柚子→水晶文旦→路地みかん→
ポンカン→デコポン→文旦→せとか→小夏...
これで...シーズン一巡かな?...
夏みかんは見なかった...今は5月から...
店頭に「ハウス早生みかん」が出場!...早ッ!

さてと...この夏みかんの皮は大切だ...
文旦の皮の砂糖煮と同じやり方で...
純情スィーツ♪作りました!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
b0006637_0472081.jpg
最近では...各種柑橘の皮の砂糖煮...気分によってサイズを変えたり
夏みかんの場合には...ちょっと細身に
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
b0006637_1711734.jpg
作ってから何日たつかな?...大事に大事に食べています...サクサク食感
少しだけ...チョコレートでコーティングして食べてみよう...と
で...もう一つ...先日の「小梅シロップ」
b0006637_0481726.jpg
小梅でシロップができるんだろうか?...ちょっと心配していましたが
とても上手く?...ん?...旨く!できました
梅の質や鮮度...それから「お手入れ」がよかったんですね!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
b0006637_0512319.jpg
発酵することもなく...エキスもたっぷり出ました...ホッ。。。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
b0006637_0515960.jpg...っと...まぁ...
柑橘や梅...季節の果物たちの恵み...
幸せな味香りに包まれながら...

ふと...あららぁ...
ちょ!ちょっと!...@@
このシロップは...砂糖を大量に使うなぁ...
梅の重量と同量の砂糖なんですよ...
一度に飲む糖分の量は...スプーンに2杯ほど?
だから...さほどのコトはない...
...のかもしれないが...
例えば...梅2kgなら...砂糖も2kg
ドキドキします...^^;
だって...今まで...
そんなに砂糖を買ったり大量消費したという
記憶が...ない!...
とか何とか言いながら...
「小梅のシロップ」が大成功だったので...
実は...二回目の...
今度は青梅3kgで...シロップ仕込み中...><
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
=^・^=

by arinco11 | 2010-06-02 00:55 | 果物と甘味(115) | Trackback | Comments(2)

「川端で見かけた枇杷の実」100516

b0006637_1943554.jpg
先週木曜日...高知市内に出かけ...某川の縁で見ぃ〜つけた!枇杷の木
結構たわわ!...もう少しで食べ頃なのね!
手の届く高さ...憎い!...何だか下心を刺激される...欲すぃ〜!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
b0006637_19431591.jpg
あと何日ぐらいで完熟なんだろう?
b0006637_19432529.jpg
日当たり具合が違う?...一本の木に「青い実」も...こういうの初めて見た
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
で...何となく...今週あたり...日曜市に...梅と枇杷が出ているな...きっと!
と思っていたら...PING PON〜G...あ!そうそう!ラッキョウも出ていたよ!
b0006637_19434454.jpg
てな訳で...日曜市にてゲットした...今年の初枇杷です
少し遅れて...来週か再来週...「農家の庭先・枝付きの枇杷」が登場すると思うんだけど
去年びっくりした!...高知の枇杷は...甘うて酸味も香りもエい...まっこと旨いちや!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
=^・^=

by arinco11 | 2010-05-16 19:45 | 果物と甘味(115) | Trackback | Comments(4)

「小梅で梅シロップ...男子のチャレンジ」100515

b0006637_22232051.jpg一昨日のこと...外出から戻ると...
玄関先に...プ〜ンと甘い梅の香り ^^
無農薬小梅が...一抱え...ズッシリ...@@
ありがとう...bambiyanなひと

明けて昨日のこと...
何にしよう?と考えてみた...
ウチの男子が「梅シロップがいい!」
ariとしては「梅シロップってムズいぞぉ」...
とか...両者の意見はアッチとコッチ...
ローディな彼は...ツーリング用に...
自家製の梅ドリンク!がエエんだと...

ま...男子が「梅仕事」をすると言うなら...
「それも良かん兵衛」と...初志貫徹のコース
作り方は...ネットで検索して...っと
意外に根気よく丁寧にやっておるなぁ...^^

洗って一粒づつ検品...
水に漬けて...あく抜き...
うむ!...がんばれよッ!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
b0006637_22234093.jpg
今年は...各地で冷害?...梅の不作が心配されているけれど
こんな小梅ちゃん達が...木に鈴成りな風景が見てみたいなぁ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
b0006637_22235021.jpg
昨夜...3つの瓶に仕込みが終わり...↑一晩後の今夜...まぁまぁ上手くいってるよ
大きい二瓶は「きび砂糖」...小さい一瓶は「ハチミツ」で
発酵するかもしれない...そこが一番難しい...無事完成を祈る!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
=^・^=

by arinco11 | 2010-05-15 22:39 | 果物と甘味(115) | Trackback | Comments(0)

「明日は...こどもの日!...柏餅ふふ」100504

b0006637_22565050.jpg
季節ごとの風物菓子...子供の日なら「粽」より「柏餅」が好きです
柏の葉っぱの芳しさをクンクン...良い香り
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
今日のお菓子は近所でいつでも買える...お菓子屋さん「浜幸」さんのもの
「こしあん」と「みそあん」の二種
↑の絵...上...古代米の紫ほんのり餅「味噌餡」...おいしゅーございました
ところで...高知の「浜幸さん」は...木更津の「浜幸さん」とは関係ないと思うよ
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
=^・^=

by arinco11 | 2010-05-04 23:10 | 果物と甘味(115) | Trackback | Comments(2)

「懲りない私...三度目の文旦ピール」100404

b0006637_9253222.jpg
カエルの子は蛙...これが三度目の「文旦の皮の砂糖煮」です
近所の「良心市」で売っていた文旦は...何と3個で50円!
えぇえぇ...実が小さくて...皮がデ〜ップリ厚い!のではありました
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
b0006637_9375575.jpg
今回は...リモネンたっぷりの一番外側の外皮を取らずにお試し
なんと!...素ん晴らしい...赤みのある色になりました...外皮の香りもグ!
シェイプも少し細身にして...オサレっぽく
味は...まだ乾ききっていないので???ですが...野趣がありそう!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
=^・^=

by arinco11 | 2010-04-04 09:35 | 果物と甘味(115) | Trackback | Comments(2)