カテゴリ:ア!ちゃら風(143)( 143 )

「勘違いに勘違いの...グラタン・ドフィノア」20160110

勘違い...その1

グラタン・ドフィノア gratin dauphinois は
本来 チーズも牛乳も卵も用いず 単に輪切りにしたじゃがいもに生クリームをかけて、にんにくをこすりつけバターを塗ったグラタン皿に入れてオーヴンで焼く料理だが、多くのヴァリエーションがある。"じゃがいもドフィーヌ風"は付け合わせ用クロケットの一種で、グラタンではない。...白水社「フランス食の事典」より

へぇ~~~ そーだったんだ!
おやまぁ エスコフィエのルセットは 確かに gratin à la dauphinoise と料理名も違います

で そのどちらとも違う ナンチャッテを 私ってば作り続けてきた模様でつw
b0006637_12475138.jpg


勘違い...その2

オーヴントースター... 普通にそー呼んでいました 和製英語なんですってね ><;
正しくは toaster oven なんだそーでつ


で こちゃら 長年の友達 GE社の...
製造年は定かではありませんが 1966(ari14才ぢゃん)+α らしくて 
私の記憶では いつ頃から我が家に居たのか? 40-50年は経っているぞなもし。。。
b0006637_1317528.jpg
年季の入った ヴィンテージ家電として 人気があるんだって...
そんなことも知らず 使い慣れた友 耐熱硝子部と屋根に老化が ^^
toaster oven君 と これからは呼んであげようか? いや 親分...oyaven君と!w
b0006637_13595811.jpg


さて アンデスという種類の赤じゃが 2cm超小粒な子たちを面白がって買ってありました
ニンニク+バター+塩胡椒+牛乳... ナンチャッテ~な 芋グラチネに
チーズは グリエールではない 袋にゴーダと書いてあった
買うときに 何でゴーダ?と ちらり思いましたが やっぱりもっと糸引きチーズがよかったなぁ
そこそこの味で 良し!と しませう ^^:
できあがり画像は 割愛しますw




 
by arinco11 | 2016-01-10 19:30 | ア!ちゃら風(143) | Trackback | Comments(2)

「桃でサラダ...なんてね^^」20150612

友達の家の桃が たわわ...とかで
どれどれ?...@@...美味しいぞッと ^^
桃で 初サラダに してみようかな?って...ね!
たぶん今週の月曜日だったかにやってみました 
b0006637_436162.jpg
桃は 一部皮付きのまんまザックリ 僅かの砂糖とexv.オリヴオイルで コーティング
胡瓜は 包丁で押して 裂くように割って パラッと塩
トマトは 千切って...みたいな感じ
赤いタマネギは 数十秒だけ 水に晒して
さて ワインヴィネガー+塩+exv.オリヴオイルで 素直に ミントと胡椒風味...です
b0006637_436281.jpg
若干 動物園食的な感じが しないわけではないけどw
いいよ コレ! 桃サラ...今年は色々やってみよう...ッと!
by arinco11 | 2015-06-12 05:02 | ア!ちゃら風(143) | Trackback | Comments(2)

「里芋のグラタン」20141024

土佐の...と言ってしまってよいものやら? 土佐の女は「手が勤しい(いそしい)」と思います
手仕事や細かいことを厭わず 黙々せっせと...
日曜市や スーパーの産直コーナーに売っている野菜などは
すぐに調理できるように 下拵えをしてくれてあるものが 結構たくさんあります
今日の里芋も 皮層を残し 外側のモジャモジャ外皮だけを 上手に剥いてくれてありました
以前に 里芋の皮のむき方のアレコレを試したことがありましたが
この地では 親切にも 理想的な剥き方済みの里芋を お買い上げ...すればよし...ありがたや!

今シーズン2回目の「里芋のグラタン」を作りました
2006年当時は100スキでグラタン作りしてましたが 今シーズンはバットにて ^^



今回は「紙芝居」でつ^^

1. 里芋をコロコロと ひとくち大に切り バットに入れ
   コンソメキューブを砕いたものと 刻んだニンニク 塩こしょう
2. 1に 牛乳を注ぐ
3. 2を オーブントースターに入れ 加熱
b0006637_11424624.jpg
4. 牛乳で焼く?煮た里芋が ネットリ柔らかくなったら 一旦オーブントースターから出す
b0006637_13101690.jpg
5. 別途 フライパンできのこ類(椎茸+エリンギ+舞茸)を炒めておく
6. 4の上に 5の炒めたきのこを全体に乗せ 濃いトマトソース(残り物)を所々に置く
7. 6の上に チーズをばらまき 生を斜め切りした四角豆をあしらう
8. さらに パン粉と (ドライ)パセリを散らし オーブントースターに戻し 加熱
b0006637_13401365.jpg
じゃじゃじゃん ...焼き上がりました!...
b0006637_135781.jpg
里芋のコックリねっとり 四角豆のチョイ苦みとショキッとした食感 きのこの味香
秋野菜でまとめてみました ^^
by arinco11 | 2014-10-24 14:03 | ア!ちゃら風(143) | Trackback | Comments(2)

「ラビット・サラダ」120214

もう4日ばかり前のことで, いまさら私がココで憤慨するのもなぁ...
11月1日 復興庁設置法案が閣議決定されました............
12月9日 復興庁設置法が成立しました............
2月10日 東日本大震災からの復興の司令塔となる「復興庁」が、始動しました...だとサ
な,な,なんと, 東日本大震災発生から11ヶ月たって, やっとのコトですかぁ?!
「復興庁」の「長は,この私!でありますから!」とかのたまわった丸顔の人も呆けだなぁ...orz
「復興庁」なんてのは,
イの一番, 1ヶ月いや遅くとも3ヶ月以内に立ち上げるべきだと見守ってきたのは私だけ?

...さて...
♪サッサッサ♪サ〜ラダッ♪サラダの国から来た娘♪
人参が食べたくなりました. 生でなくて生のような...あれれッ? ^^;
b0006637_20421148.jpg
人参一本をベンリナーというスライサーでサササ♪
小さなお鍋に水を8mm程沸かし, オイルを少し+塩と砂糖をひとつまみ
人参を強火で, あっと言う間にお湯が無くなるぐらいの早さで茹でました.
冷めかけたところで, 市販のシーザーサラダ・ドレッシングと水菜であえました.
ドレッシングは何でも良いと思います.
今日の私は少し甘みのある味にしたかった...サラダの国から来た娘♪でした!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
=^・^=

by arinco11 | 2012-02-14 21:20 | ア!ちゃら風(143) | Trackback | Comments(4)

「春キャベツの喜び...キャラウェイ風味のコールスロー」120124

いつまでもトップが新年のご挨拶では...またまた冬眠?zzzZZZZZ
早いもんです. 大寒が過ぎ, 立春が待ち遠しい日々ですね.
ここ数日, 当地方もさすがに寒ッ!ですが, 雪の地方は大変ですね.
インフルエンザも流行っているようです. どうぞ暖かくしてお大事に!
冷蔵庫に, 数日前に買った「愛知の春キャベツ」がスヤスヤ...早く食べましょう!
スパイスの引き出しをチェックしたら...ありましたよ!キャラウェイ(シード)が!
b0006637_1657352.jpg
...モノの本によると...
ディルに似た香味. ほのかな甘みとさわやかさが特徴.
草原クミン, 偽アニス, 山クミン...とも言われる. スープやサラダに.
ドイツやハンガリーでは, ザワークラウトやコールスローに欠かせない...と.
b0006637_16574569.jpg
春キャベツは, 生でもなく茹でるでもなく...お風呂!
まず, 葉っぱを一枚ずつ剥がしておきます.
お鍋にお湯を沸かし, 沸騰したら火を止め, キャベツをザブリと浸ける...と.
決して長湯はダメッすよん. 30-60秒以内に, お湯から取り出します.
熱いうちにザクザクと5mm程の荒い千切りにして,
塩+白ワインヴィネガー+オイル+好みの量のキャラウェイ+隠し味の胡椒...これだけ!
素早く!サックリざっくり混ぜて...一丁あがり〜!
b0006637_16575835.jpg
馬ッ!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
=^・^=

by arinco11 | 2012-01-24 17:29 | ア!ちゃら風(143) | Trackback | Comments(4)

「アイリッシュ・シチュー風...ラムの肉じゃが,というか...」111215

b0006637_0295596.jpg
昔をチョイと振り返ると,
阪急神戸線・阪急六甲駅地下にスーパーマーケットがあり,
近辺には外国人も多かったせいか, マトンの固まり肉などを売っていました.
二十歳チョイ過ぎの頃だったか, 珍しがってカレーにしたものでした.

そのころ, かの帝国ホテル料理長の村上信夫さんの本に,
マトン肉を使った「アイリッシュ・シチュー」を発見し, 早速チャレンジ.
亡き母や家族も「美味しい!」と言ってくれたような...
今はもう, その本は処分してしまって, 手元にありません.

が, マトンではないけれどラム肉が冷凍庫に眠っていたので, 作ってみようか?と.
村上さんのレシピの記憶は,「マトン+玉ネギ+ジャガイモ」で仕上げてありました.
今回, ネットなどでレシピを探すと, どれもニンジンやセロリを使っていたりで,
こりゃ違うぞぉ!
やっと手持ちの「フランス・食の事典」で, 納得のレシピを発見.

マトンをラムに無理矢理換えて,同量のジャガイモと玉ネギを三層に重ねコトコト.
味は, 塩こしょう+ブーケガルニ+ブイヨン(固形コンソメ)で, やさしい弱火で煮るだけ.
これも本来は, オーブンで蒸し煮にするのが本当です.

で, それらしく作ってみたのが, ↑上の絵「アイリッシュ・シチュー」のようなものです.
え?アイリッシュとかスコッティシュと名のつくものに美味しいものあるの?
そんな声を無視して作ってみたのですが...まぁまぁ美味しいけど昔の味とチャウ.

やっぱりラム肉はマトンの替わりにはならなかったようです.
シチュー的にスープは美味しいけど, ラム肉の味に馬力が?...無い.当たり前か?

食べながら, この料理って, 何となく甘くない「肉じゃが」みたい...白滝抜きの...
可笑しくて, ちょい苦笑いの巻でした.


b0006637_0293555.jpgで,「アイリッシュ・シチュー」の友達は,
紫キャベツのマリネだということを,
初めて知り, 今回は添えてみました.

確かに, これは好相性!
主役の「アイリッシュ・シチュー」の地味さを,
補うというか, 味の組み合わせもグ〜!

キャベツの後ろに見えるのは,
ニンジンのグラッセです.
サトウキビの汁を煮詰めて固めたものを,
削って入れ,煮込みました. 旨し!

なんちゃってなら,
ラム肉より豚・鶏でやってみると,
それもまた美味しいかもなぁ?な,
「アイリッシュ風シチュー」なのでした.
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
=^・^=

by arinco11 | 2011-12-15 01:18 | ア!ちゃら風(143) | Trackback | Comments(2)

「イタリアンなモツ煮込み...トリッパのフィレンツェ風」101017

b0006637_2140515.jpg
どうもどぉもぉーッ...m(_ _)m
ろうそくの炎が消えそうになる頃に...ピコッと更新するariです...風前の灯火... i
今日のブツは...牛の胃袋...いわゆるハチノス...仏語でトリップ...伊語でトリッパ
東京だとアメ横デパ地下なんぞで...いつでも売ってるような
が...四国・高知県で見ッけ!...土佐山田の日曜市...肉屋のオンちゃん曰くホルモン!
茹でこぼしてカットしたのが...1kg袋詰めで...ドカッ!
ムラムラと...イタリアンなトリッパの煮込みを思い出し...お買い上げ!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
さてと...どう料理したものか?
「食の事典」を開くと...フランス・イタリア...5種類ほどのルセットがある
中にはシナモンを使った料理も発見...ふぅ〜ん...へぇ〜ッ
今回は...フィレンツェ風の煮込みにする兵衛
b0006637_21403496.jpg
おっ!と...取っかかりからイレギュラー...ニンニクと一緒にベーコンを炒めてみた
ニンジン+セロリ+玉葱を加え...強火で炒め
トリッパ+カットトマトと...ブイヨン+塩胡椒+入れてみよう!白ワイン...うふ
以上...圧力鍋で...煮込む
時間短縮する兵衛...昨日は...阪神vs巨人戦のネット中継見てたら日暮れておった=3
b0006637_2141364.jpg
強火でシュルシュルいい始めたら...弱火にして25分弱...火を消し余熱15分ほど
ふたを取り加減を見ると...ワイン追加分ちょっと娑婆しゃば
トマトペーストをプラスし固形ブイヨンも追加...蓋をしないで...強火で煮詰める
う〜ん...トロリといい感じになった!...できあがりどす!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
b0006637_21411422.jpg
食べながら...好みでパルミジャーノなど粉チーズを振りかけて...どぞ!
トリッパはモチモチとしてて...何ともかんとも...E〜感じ
ソースには...たぁ〜ぷりコラーゲンが溶け出して...とろり旨〜い!
山田の日曜市の肉屋のオンちゃん!...トリッパまた持ってきてね!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
=^・^=

by arinco11 | 2010-10-17 21:41 | ア!ちゃら風(143) | Trackback | Comments(0)

「夏野菜でクスクス...ビンダルウペーストのこと」100810

b0006637_1485794.jpg
クスクス...夏になると出現率高し
美味しい夏野菜たっぷり...それと鍋一つで手っ取り早い...という訳なのです
この日は...トマト+パプリカ+茄子+ジャガイモ+玉葱+人参+インゲンと...胡瓜にて
ニンニクとチキンのコンソメキューブ・塩・胡椒などで味を調えたのだけれど
ズッキーニがなかったので...出来心...胡瓜を使ったらブ〜〜〜イング
アクセントは...辛臭酸っぱな「ビンダルウペースト」(↑ソーセージの上)
本当は「アリサ」という...やはり辛臭酸っぱペーストが定番らしいが...大差ないと思う
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
b0006637_149117.jpg
クスクスは...例えば200gなら150ccの熱湯+少量の塩+バターにて...軽く炒めるように蒸らし
ゴロゴロ野菜スープには...鶏などを入れるも入れないも...気分次第
本日は手抜きソーセージ添え...シシカバブや羊肉を一緒に食べると一層うまし
余談...シシカバブ(トルコ風)を先日はじめて作ってみた...簡単にエスニックな味

b0006637_1492796.jpgんで...ですね...
辛臭酸っぱな「ビンダルウペースト」
実に便利!

どちらかというとインド風...クミン風味
「アリサ」はコリアンダーがちかな?
常備の市販品で代用するなら
「ビンダルウペースト」で十分満足できます
それと...
ちょいとラム肉や豚肉を焼いたり
カレーの味を...
お皿の上で自分好みに変化させたり...重宝です

以前...アメ横のスパイス店からお取り寄せした時に
お試しでチョイス...大正解のお気に入りです
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
=^・^=

by arinco11 | 2010-08-10 14:45 | ア!ちゃら風(143) | Trackback | Comments(4)

「筍とチキンのカレー...ニティの家庭料理より」100502

b0006637_20343876.jpg
ためしてみました...筍とチキンのカレー...少し煮詰めすぎたかな...^^;
日本人がご飯と一緒に食べるカレーは...インド的には汁物とされているようです
今回の和の食材カレー...筍がジューシィ...すごく美味しかった!です
なんと素敵な発明!...日本に暮らすインド人...ニティ・クマールさんの知恵
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
b0006637_20345014.jpg
鶏と筍をそれぞれ炒め
炒めた玉葱+トマト+ココナツミルクのソースで...スパイシィに煮込んだもの
今日は...三分づき米を...ターメリック+クミン+ベイリーフのご飯にて
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
b0006637_2035189.jpg
↑この本「ニティの誰でもできるインドの家庭料理」(サンパティック・カフェ刊)
亜麻村のウィッシュリストに入れたまま一年以上経っていたでしょうか?
最近になって...じっくり内容を見てみたら...豆腐などのカレーがメニューに載っているし
長い日本暮らしで出会った和食材をインド料理にしているぞぉ...面白そう...@@
何よりも優しそうな人柄,雰囲気に惹かれ...本を注文してみました
本当に「家庭料理」って感じのアレコレがならんでいて...すてきな「カレー本」です
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
=^・^=

by arinco11 | 2010-05-02 20:35 | ア!ちゃら風(143) | Trackback | Comments(4)

「ソーセージと野菜鍋...ストーブの上でホトホトと」091111

b0006637_20323488.jpg昨日は一日中...夜半にかけて...
土砂降り...冷たい雨と風...
今日は...ん?!...晴れ間が!...天気予報当たらない!
あぁ...もう冬なんだな...立冬を過ぎました...

南国なのに軟弱者と言われそうですが...
ウチのリビングキッチンには...もうストーブが出ています...
夏の暑さとのギャップなのか?...寒さに弱いかも...><
私の持病は...低気圧や気温の変化が嫌いらしい...

せっかくのストーブの火...コトコト煮物...囲炉裏感覚...^^
30cmもある大鍋に...野菜をポコポコと...
タマネギ・ジャガイモ・キャベツ・大根!・ニンジン・トマト...
香りに...ニンニク+粒胡椒+ローレル+パセリ...
セロリは在庫なし...セロリシードなんかあると便利かも...
白ワインと水...チキンブイヨンと塩だけの味...
仕上がり間近に...今日は生ソーセージだけ...ドボンドボン...
圧力鍋とは...ひと味違った仕上がりになるもんですね!
野菜とソーセージは...マスタードをタップリつけて...
スープはね...粉引きの「湯呑み」で飲んでみました...ふうふう
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
b0006637_20341120.jpg
今年の夏...土佐の名産トマトは...早々にシーズンを終え退場
あっという間に青森産の登場...産地はどんどん北上するもんだなぁ...と!
あらら?...2週間ほど前に...徳島産のトマトを見かけた!
今週は高知産のトマトが...驚くほど安値で市場に出演!
もちろんハウス物と思いますが...今ではフルシーズンの野菜=トマト
そうか!...トップランナー南国のトマトは...初冬に収穫が始まるのですね!
お尻まで真っ赤か...完熟トマトですよ!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
明日も週間予報を大きく外れ...空模様は...ほぼ晴れ
が...当地方も...昼間の最高気温が17-18℃と冷え込み...北風小僧が吹くそうです
皆様も...温かくして...お風邪など召されませんように!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
=^・^=

by arinco11 | 2009-11-11 21:05 | ア!ちゃら風(143) | Trackback | Comments(0)