<   2013年 05月 ( 1 )   > この月の画像一覧

「ひとときのティータイムに...Florent Pagnyをご一緒に♪」」130501

...さぁてと...
とりあえず新時代へのパラダイムシフトの概観(=イメージ)は、
同僚=独歩君が、どうやら、ほぼ、解き明かしちゃったのかも? しれない...^^


お茶しませんか?
本日のBGM、ご用意してみました!
先日発見して以来、この人!ただ者ではない!なぁ、とちょっと追っかけていた人です。
その人の名は... Florent Pagny
フランス人で、もと俳優さんから歌手になったという経歴のようです。



そもそも、Florent Pagnyを発見したのが、このデュエットだったわけですが、
パヴァロッティと、かなりいい線いってるなって感じでしょ。

Luciano Pavarotti & Florent Pagny La donna e mobile Live
Giuseppe Fortunino Francesco Verdi...Rigolettoより「女心の歌」



う~ん、実力あるなぁ、いいなぁ。



で、探し始めたわけですよ、例によって...^m^

Ma Liberté De Penser ... こりゃシャンソンだ♪



Florent Pagny の一面でもあるわけですね、これが!
たとえば税務局にどんな財産を持っていかれたとしても、
僕の考える自由はだれにも持っていかれないだろう
と歌う、コミカルな曲...のようです。
ん~ん、ソフト・ロック路線が、本流のようでありますね。



ところが、もっとスゲー熱唱がみつかりました。
どうぞ!

Caruso ... Dalla Lucio



Qui dove il mare luccica e tira forte il vento
Su una vecchia terrazza davanti al golfo di Surriento
Un uomo abbraccia una ragazza dopo che aveva pianto
Poi si schiarisce la voce e ricomincia il canto
Te voglio bene assaie ma tanto bene sai
E'una catena ormai che scioglie il sangue dint'e vene sai

Vide le luci in mezzo al mare penso alle notti la in America
Ma erano solo le lampare e la bianca scia di un'elica
Senti il dolore nella musica si alz dal pianoforte
Ma quando vide la luna uscire da un nuvola
Gli sembro dolce anche la morte
Guardo negli occhi la ragazza quegli occhi verdi come il mare
Poi all'improvviso usci una lacrima e lui credette di affogare
Te voglio bene assaie ma tanto tanto bene sai
E'una catena ormai che scioglie il sangue dint'e vene sai

La Potenza della lircica dove ogni dramma e'un falso
Che con un po' di trucco e con la mimica puoi diventare un altro
Ma due occhi che ti guardano cosi vicini e veri
Ti fan scordare le parole confondono i pensieri
Cosi diventa tutto piccolo anche le nottie la in America
Ti volti e vedi la tua vita come la scia di un'elica
Ma si la vita che finisce ma lui non ci pens poi tanto
Anzi si sentiva ga felice e ricominci il suo canto
Te voglio bene assaie ma tanto tanto bene sai
E'una catena ormai che scioglie il sangue dint'e vene sai
Te voglio bene assaie ma tanto tanto bene sai
E'una catena ormai che scioglie il sangue dint'e vene sai
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
海は輝き 風が吹きすさぶここソレント湾の古びたテラス
男が恋人を抱きしめている
涙にくれた後 声の調子を整え 歌の続きを歌い始めた
僕はあなたが大好きだ とても とても好きだ
この絆は体の中をめぐる熱い血さえ溶かしてしまうんだ
海の向うの明かりを見てアメリカでの夜を思った
でもそれは漁師のランプ 船尾を洗う白い波でしかなかった
妙なる調べが苦痛となり 彼はピアノから立ち上がる
やがて月が雲間から顔を出すと 死さえも甘美に感じられた
恋人の目を見つめるとそれは海のように碧く
その中で溺れてしまうと思うほどいきなり涙があふれ落ちた
僕はあなたが大好きだ とても とても好きだ
この絆は体の中をめぐる熱い血さえ溶かしてしまうんだ
ドラマはドラマでしかないが ちょっとしたしぐさや化粧をほどこし
誰でも 自分以外の者になれる それがダンスのパワーだ
観客達の視線はリアルで生々しく 嫌な言葉の数々を忘れさせてくれる
そして全てをほんの小さな瑣末事にしてしまう
アメリカでの夜のことまでも
船尾を洗う白波を見つめながら 我が身を振り返る
ああ そう… 人生は儚い
だが彼はそんなことはさして考えなかった
それどころか 幸福感に高揚し 再び踊り続けるのだった




最後に、もういっちょ、やっぱりいっときましょうかね!

Pavarotti ... Caruso





いかがでしたか?...情熱的な...それでいてしみじみとした歌での、お茶のひととき?



=^・^=

by arinco11 | 2013-05-01 20:45 | ♪音楽♪(17) | Trackback | Comments(0)