タグ:三番瀬の浅蜊 ( 6 ) タグの人気記事

「三番瀬の浅蜊で...炊き込みご飯」080701

b0006637_2315197.jpg
昼前に...所長さん=湾奥の掘り師から...三番瀬の浅蜊が届きました
あれ?...今日は大潮?...いや大潮前日の中潮みたいです
三番瀬でもかなり深場...胸まで浸かっての操業だったとか
たぁ〜くさん...^^...相変わらず粒も大きい
早速...砂出し...小さ目な子は味噌汁...旨〜!
中〜大粒は...「浅蜊の炊き込みご飯」にしてみました
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
...考えと行動がチグハグと...迷走気味な私...
パエリャ風の路線か?...醤油味か?...それが問題だ!
玉ネギを刻みながら...日本酒で浅蜊を酒蒸ししてるし...やだぁー!あちゃ!...^^;
和風=醤油味な「炊き込みご飯」に...玉ネギを入れる?...ま、やってみる兵衛
ついでに...マイブームな刻み昆布と...揚げなんぞも...どないやろ?
b0006637_232395.jpg
莢エンドウを青味に散らして...と
ふむ...玉ネギの甘み...昆布の味も...よぉー利いちょる!...馬し!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
ゴチ!...3Q!
さて...もう一回分...さらに大粒...明日は何にして食べようか?
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
=^・^=

by arinco11 | 2008-07-01 23:25 | 魚の料理...(84) | Trackback | Comments(4)

「吉野山蕗と三番瀬浅蜊で...山彦海彦ちらし寿司」080524

「母直伝のレシピで、人生初の「ふき煮」です。」
「吉野の山で採れた蕗で作りました。」

こんな言葉を添え...「三度笠わこチャン」から...荷物が届きました
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
丁度...夕食時...早速ご飯のお友達...シミジミ〜と美味し...^^
薄味...昆布も入ってるし...ん!じゃこの味もする...あ!いるいる!
お母さんが山で摘んで...娘が丹誠込めて「ふき煮」...ええ話や
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そうだ!...到来物の「三番瀬の浅蜊」がある!...そこで...★秘羅目気★
浅蜊と「ふき煮」で...山彦海彦ちらし寿司にしてみました
b0006637_1147111.jpg
浅蜊は酒蒸し+蒸し汁は酢飯と焼いて刻んだ揚げに含ませ
「ふき煮」+干し椎茸+きくらげ+白ゴマ+玉子焼き+さやえんどう
b0006637_11472227.jpg
ほらほら!...「ふき煮」がどっさり入ってるでしょ!
山海の滋味にあふれた...旬の「ちらし寿司」となりました...ご馳走さん!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
=^・^=

by arinco11 | 2008-05-24 12:02 | 魚の料理...(84) | Trackback(2) | Comments(10)

「大粒あさりで二題...悶絶フライと浅蜊飯」080513

さて...ひとつ前の記事の「三番瀬大粒アサリ」...完食しました
今回は...何が何でも!と思っていた...「浅蜊ふりゃぁー」
極大粒の中でも...選りすぐりの巨粒...剥き身にして
予定では...串揚げにする!つもりだった...が...串は在庫切れ
ま...いいサ...バラで揚げようと...パンパンと撥ねましたがね...^^;
b0006637_0371840.jpg
大粒なので...存在感も十分
レモンとウスターソースにて...ぱくり...激しく旨!絶品!
b0006637_0373037.jpg
パエリャにもしてみたかったけど....手抜き〜...炊飯器で炊き込みご飯
貝は少しの水で茹で...口を開かせて...煮汁を水代わりにしました
サフラン...メンドクサかったので...ターメリックで色づけ...味つけは塩+少量のバター
炊きあがったご飯に...別に炒めたニンニク+玉ネギ+インゲン...浅蜊を戻し入れ
さらにトマトもプラス...全部を混ぜて少し蒸らしてできあがり
お好みで...レモン汁を搾って...召し上がれ!
b0006637_0374129.jpg
美味しいご飯になりました!
フライ+ご飯...スープぢゃないッス...^^
合いの手には...やっぱり王道「味噌汁」でしょ!?
以上...湾岸浅蜊御膳...でした!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
=^・^=

by arinco11 | 2008-05-13 00:42 | 魚の料理...(84) | Trackback(1) | Comments(22)

「三番瀬のデッカい浅蜊」080509

あ...やっと絵が変わった...久しぶりの食い物だぁ!...ツっても生素材!...^^
ってね...バタバタしていたというのか?気持ちばかりか?
すっかり「美味しい」話題からレールを外れて...え?...エスケープ...^^;
ここのところ...何を食べていたのやら?
ウチメシはしてたけど...何食べた?...さっぱり覚えていないぞぉー...orz
やっぱりね...食べ物の撮影も習慣性...一度ストップすると復帰しにくいなぁ!
ってなことで...久々...さぁて...どんな風に食べようか?...この浅蜊たち
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
昨日の夜のお月様...超!細い月...あぁ「大潮」なんだな...と気づく
お昼に...所長さんから「浅蜊メール」
東京湾奥「豊饒の三番瀬」で潮干狩りした帰り道...届けていただいた「ドデカい浅蜊」
一昼夜...砂を吐かせて今朝の顔...元気元気!...^^
b0006637_11421948.jpg
でだ...どんなにランカーサイズか?...というに...こんな位...@@
小さいのでも大きめの普通サイズ...デカいのは500円コインの倍以上
↓ほぼ...実物大かな↓
どだ?...^^
b0006637_11423398.jpg
さッ・テッ・とォー...どぉする?
大っきいから...「浅蜊のフライ」なんツのも良かんべぇー...ん?「浅蜊のパエリャ」か?
うふふ〜...今夜が楽しみ!
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
=^・^=

by arinco11 | 2008-05-09 12:05 | 魚の料理...(84) | Trackback | Comments(12)

「春近し...アサリのパエリア」070222

デェ〜ン? いや ドッス〜ンかな?
b0006637_22365819.jpg
いただいた掘り物...春一番の浅蜊を 思いっきり味わってみよう!
29cmの大きなフライパンで パエリアにしてみました
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
b0006637_443379.jpgいつもの所長サンが、掘り立ての浅蜊を届けて下さいました。
 産地は、東京湾奥・某所...秘密のエリア。
 きれいな海、場荒れせず、大きな浅蜊が多いのだそうです。
 中には500y硬貨2個分ほどの大物も結構います。
 昨日は、海水で砂出しをして...
 そうだ!パエリアにしてみたいなぁ...と思いました。
 そのために、取りあえず大粒を分けて一晩寝かしました。
 60粒ほど...それで中ザルに一杯...660gありました。
 小さい目のは、味噌汁用にキープ。^^

●さて、パエリア♥とは考えたものの、実は、かなり昔に、
 どこかのスペイン料理店で食べたことがあるだけで、
 専用のパエリア鍋もナシ、自作したこともありません。^^;
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
b0006637_4452981.jpg●でも、パエリア♥なんです。どしても!。
 幸いサフランは冷凍庫に秘蔵品が...!。
 そう!薬局でゲットしてあった生薬です。
 食料品店では...高い高い!...でしょ?。
 同じく、猫用マタタビも薬局で仕入れ。
 品質保証...グッとお買い得価格です。

●アサリとサフラン...う〜ん。
 バレンシア風のパエリアは豪華、
 海老やイカなどの魚介の様々や鶏、
 パプリカやインゲンなどの彩りもある...。
 どうしようかな?。バレンシア風より、
 アサリを味わう!...これ第一!。

●シンプルな浅蜊のパエリア、そういうのがあっても...Eでしょ!って、強引に引き算。
 それでも、イカとインゲンとパプリカ、レモンぐらいは、買いに行くつもり...が...
 それも...タイムアウト...メンドクサくなった。
 アサリはたっぷり、在庫は…鶏もも肉・トマト・菜の花・にんにく・ケッパー...など。
 レモンは彩り的にも欲しかったけど...レモン果汁でもイっか?と...お茶を濁す...この際。><
●ってことで、家を一歩も出ることなく、パプリカとインゲン抜き、イカなし、
 青味は、代用品になりそうな唯一の季節のグリーン...またまた菜の花にしたのでした。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
●何しろ「初めての自作パエリア」ですから、レシピ探しから始めたのですが、
 できるだけ、スペイン流のやり方を知りたいと思い見つけたのが「コチラ」
 単に作り方だけではなく、パエリアがパエリアであるためのポイント!も...よく理解できました。
     1 米は、芯を残さず、アルデンテに炊きあげる...
     2 米は、洗う必要がない→洗ってはいけない...
     3 米は、油で炒めるというより、あえるという感覚が正しい...
     4 炒めた玉葱(炒めなくても)は、いれない...その方が米の甘みが引き立つ...
     5 ピーマンは、苦味が不必要なので入れない...
     6 パプリカは、使うなら赤と黄(スペイン国旗の色だから...@@!)
...などなど。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
こうして 白ワイン蒸しにしたアサリの身と蒸し汁 チキンブイヨンと鶏モモ肉で
初めての ♥浅蜊のパエリア♥ できました! 魚介アレコレのない分 シンプル♪
ストレートに「あ〜!浅蜊!」って味わえます それが良かったみたい
アクセントは サフラン+ニンニク+トマト+ケッパー+レモン果汁 いやぁ!馬勝った!
b0006637_446823.jpg
ところで 兄さん! 「この浅蜊ぃ〜...えぇ〜?双子ッ?」って
チャイまんがな デコレーション! トッピング仕様!でんがな
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
=^・^=

by arinco11 | 2007-02-22 22:40 | 魚の料理...(84) | Trackback(1) | Comments(17)

「浅蜊の砂出し」050911

千葉県の隅っこにある浦安は、江戸川河口の洲であった葦原を埋め立てて大きくなった街です。
旧・千葉県東葛郡浦安町は、埋め立て後の...今の浦安市の約1/4ほどの面積...、
つまり...約4〜5km四方の大きさの市、その約8割の部分が海上の埋め立て地なのです。
そして、現在の市の面積の約1/4を...ディズニーリゾートエリアが占めています。

●東京湾奥...市川から船橋あたりにかけて「三番瀬」という浅瀬が広がっています。その地続きであった、かつての浦安町の海辺も三番瀬の一部だったわけで、住民の多くが漁業に従事していたのですが、埋め立てによって漁業権を放棄したと聞いています。
●湾奥の漁師町...新しい市街部の地表は舗装され尽くしていますが、元街を歩くと...時々...白っぽい地面に気づきます。これは、土に貝殻がたくさん混ざっているからです(カルシウム豊富な街...笑)。昔の浦安町では水産加工業の家も多く、剥き浅蜊や青柳の殻を...路地に撒いていたとのこと...。その名残り...白い路...歩くと...ふかふかっ...ザクッザクッっという音...。

●土曜日の早朝...いつものように近所の川に鯊(ハゼ)釣りに出掛けました。鯊も...敏感に季節を感じとるらしく...最近はどこにいるのやら...居所が不安定です。そこで、いつもの釣り場から...ねらいを少し上流に移動してみたところ...思いがけず...。

b0006637_3222767.jpg●船着き場のすぐ側にあるポイント、
 あさり漁から戻ったオジサンに
 声をかけられました「釣れてる?」と。
 そして...規格外なのでしょうね...、
 小粒あさりをいただいちゃいました。
●「小さいけど出汁が出て旨いよ...
  持ってきなヨ!」...、
 三番瀬の浅蜊だ!...ありがとう!。
●中に...大きさを選別している時に
 割れた浅蜊が混ざっていたので、
 こじ開けて
 鯊釣りのエサにしてみました...
 何と!釣れる!釣れる!...
 笑いが止まらん!。。。
●浅蜊...小粒は小粒...可愛い超小粒も!...
 でも、ドッサリ...中くらいのボールに山盛り!...2kg近くありました。
 ん?こりゃ全部...鯊エサにするかな?...一瞬そうは思ったけれど...むき身にするのも難儀...。
 オジサンのご厚意!美味しくいただくことにしました。味噌汁やスープにするベシですねぇ...。
b0006637_3223690.jpg
●さて、砂出し。海水...と言っても汽水域に生息している浅蜊です。
 やや塩分控えめに3%...「水1Lに粗塩30g」...お〜!元気!元気!...活気のある浅蜊たち!。
 3回水を換えて...しっかり砂出し!。
●キリッとキレイに洗い上げたら水を切り...、
 「2時間ぐらい笊に上げて置くと味が全然違いますゼ!...甘もなるねん!...」
 釣り友達のGNBさんから教えられ、前回やってみました。!!!とても...美味しくなります。
 これを味噌汁にすると...格段...味が別物!...じんわり濃い!甘い!旨い!...海が懐かしいような...。
●ここまで処理した浅蜊は、冷凍保存できます。必要なだけ取り出して...いつでも味噌汁♪。。。
by arinco11 | 2005-09-11 01:07 | 魚の料理...(84) | Trackback(1) | Comments(12)